プロジェクト概要

no entryのニューアルバム「yes」のコンセプト、Ascension前夜(=変化の時)をなぞり、一人の人間の変化の時を、沖縄を舞台に描きます。

 

CMディレクターの近藤巧と申します。僕の父が一昨年亡くなり、僕は父の遺言であった

「沖縄の海での散骨」をするために一人で沖縄に行きました。今回の作品は、その時の僕の心の変化を題材にしています。初めての映画監督作品は、自分の持っている最大限の熱量を注ぎたい。そのためにはやはり自分の事を描くことが、一番想いを込める事が出来るはずだという考えから、「父の死と僕の変化」について描こうと思いました。

 

撮影費用(関東近郊ロケ2日間、沖縄ロケ6日間)と編集諸経費、その他合わせて80万円が足りません。ご支援、お願いします。

 

 

 

映画の専門学校の同級生が再開し、

大好きな映画を一緒に作る

 

きっかけは、CMディレクターの近藤巧とnoentryのボーカルmarcyこと山下雅士の再会から始まりました。10年前、映画専門学校の同級生だった2人。そして卒業後、お互いそれぞれ別々の道を歩んでいる2人。その2人が2014年の春、代々木公園の野外Fes「春風」で再会しました。10年という歳月を経て、1アーティストと1ディレクターが大好きな映画を一緒に作る。その流れは普通なようで、但し2人にとっては特別な何かがそこにあったと思います。

 

奇しくも、今回の使用楽曲でもあるno entryの9月リリースニューアルバム「yes」のアルバムコンセプトは「Ascension前夜」。その言葉は、「上昇する直前」「変化の時」という意味を持っています。2人が10年で得たもの、失ったもの、そしてこれからどうAscensionするのか、その集大成を見せたいという想いが、今回のプロジェクトを考えるに至りました。

 

 

 

家族への想いの変化や家族愛の再確認をしてもらいたい

 

監督である近藤の実父の死を題材に、父と息子の確執、母の苦悩、家族のあり方、自身の心情の変化を描いた短編映画を、夏が過ぎた10月の沖縄を舞台に制作します。使用楽曲は、全てno entry。彼らの楽曲コンセプトをなぞったかのような映像は、PVを超えたPVとしても受け取って貰えたらと思っています。この映画を観た人に、家族への想いの変化や家族愛の再確認をしてもらいたいと言えば月並みかもしれませんが、何かしらの小さなAscensionを生むことが出来たらと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

<引換券について>

¥1,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール

 

¥3,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール
エンドロールへのお名前掲載

 

¥10,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール
エンドロールへのお名前掲載
短編映画のDVDプレゼント

 

¥30,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール
エンドロールへのお名前掲載
短編映画のDVDプレゼント
近藤Dir・marcyの専門学校時代の映画作品DVD

 

¥100,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール
エンドロールへのお名前掲載
短編映画のDVDプレゼント
近藤Dir・marcyの専門学校時代の映画作品DVD
特別試写会チケット

 

¥200,000 の支援で受取る引換券
近藤Dir・marcyからのサンクスメール
エンドロールへのお名前掲載
短編映画のDVDプレゼント
近藤Dir・marcyの専門学校時代の映画作品DVD
特別試写会チケット
近藤Dirセレクトno entryコンピレーションアルバム