こんにちは、杉田麻子です。

7月21日(日)、NPO法人Fine(ファイン)主催イベント、
「はぐくもうプロジェクト」~家族のカタチ・幸せのカタチ~が、
東京都江東区総合区民センター 6階サブ・レクホールで、開催することができました。

「はぐくもうプロジェクト」~家族のカタチ・幸せのカタチ~は、2013年4月15日クラウドファンディングサービスREADYFOP?(レディーフォー)にて広く支援者を募ることからはじまりました。


達成金額326,000円 支援してくださった方は、38 人となり6月24日に成立しました。

そして、7月21日、当日の会場は、満員御礼となりました。
ご支援していただいたみなさまのおかげです。どうもありがとうございます。

では、ご報告させていただきます。


プログラムは、第一部、茂木監督のドキュメンタリー映画「幸せのカタチ」の上映と、
第二部、Fine公認ピア・カウンセラー中辻尚子進行により、茂木薫監督をゲストに迎えてのトークセッションです。

<会場の様子。カップルでの参加も目立ちます。>


上映中は、ハンカチを目に当てる姿や、鼻をすする音も会場内に低く響き渡りました。



第二部トークセッションに入る前には、ご来賓の江東区健康部参事、鷹箸右子(たかのはしみぎこ)さまより映画の感想や、また、ご自身の体験をも交えた貴重なお話をいただきました。


  
        
トークセッションにも、多くの方に参加いただきました。

 

<左:進行役Fine公認ピア・カウンセラー中辻尚子 右:茂木薫監督>

 

参加者の感想を一部ご紹介します。


・たくさんの人の心を救える映画だと思いました。


・この作品に出会えて、今の自分が、幸せであると気づかされました。


・私は、不妊を経験していませんが、自然に共感でき、あたたかい気持ちになれました。


・不妊を辛い試練だとばかり思っていましたが、前向きに考えるようになれ、少し強くなった気がします。

 

・トーク進行役の中辻さんの優しい話し方と、茂木薫監督の正直な思いを聞くことができ良かったです。とても、癒されました。


・映画にも感動しましたが、トークでさらに深まりました。


・最初から最後まで、涙が止まりませんでした。


・これからの自分たちの幸せのかたちについて、いろいろと前向きに考えるきっかけになりました。


・ Fineスタッフの方々が、みなさん優しくて 暖かくて 強くて 素敵でした。


 

 

新着情報一覧へ