クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

須貝弥生

須貝弥生

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。
支援総額
2,910,000

目標 2,500,000円

支援者
243人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2013年11月06日 14:49

映画台本の紹介 その2

お早うございます。松竹大谷図書館の須貝です。

 

プロジェクトの支援募集終了までいよいよカウントダウンがはじまりました!残りわずかなこの時間にも、新たなご支援を頂きまして、ラストスパートに向けてさらなる元気を頂戴しております。『蒲田週報』補修のため、最後までご支援を募っておりますので、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて、今回も映画台本リストにある台本のご紹介をいたします。

 

映画台本作品リスト

 

ハマちゃん役の西田敏行さんと、今年4月に亡くなったスーさん役の三國連太郎さんの絶妙なセリフのやりとりが魅力的な人気シリーズ『釣りバカ日誌』全22作品からは、第1作と第2作、そして十二代目市川團十郎さんが庄内藩主役で出演した番外編の時代劇版『花のお江戸の釣りバカ日誌』をリストに入れました。

 

また、当館では、松竹以外の製作、配給作品の台本も多数所蔵しています。今回はその多くの台本からキネマ旬報ベストテンの1位から5位までの作品で、当館が台本を所蔵している作品をリストに選んでみました。

 

まず40年前、1973年度のベストテンでは、2位『仁義なき戦い』(監督:深作欣二)と5位『恍惚の人』(監督:豊田四郎)の2作品。また30年前、1983年度は、2位『細雪』(監督:市川崑)、3位『戦場のメリークリスマス』(監督:大島渚)の2作品の台本を所蔵しておりリストに入れました。


ちなみに1973年度の1位作品『津軽じょんがら節』は、台本の所蔵はありませんが、『アートシアター』106号、『年鑑代表シナリオ集 1973年版』、『キネマ旬報』606号の各資料にシナリオが掲載されています。作品によっては台本の所蔵は無くても、他の資料でシナリオを読むことが出来ますので、シナリオをお探しの場合はまずお問い合わせ下さい。

 

次に20年前の1993年度は1位『月はどっちに出ている』(監督:崔洋一)、2位『お引越し』(監督:相米慎二)、3位『病院で死ぬということ』(監督:市川準)、4位『ソナチネ』(監督:北野武)、5位『僕らはみんな生きている』(監督:滝田洋二郎)と、1~5位の作品が揃いました。


10年前の2003年度は1位『美しい夏キリシマ』(監督:黒木和雄)、3位『ヴァイブレータ』(監督:廣木隆一)、4位『ジョゼと虎と魚たち』(監督:犬童一心)、5位『阿修羅のごとく』(監督:森田芳光)と4作品を所蔵、この時代の作品ですと、まだ記憶に新しく、もう10年も経ったかという思いがします。

 

 



最後はやっぱり『男はつらいよ』シリーズをご紹介して終わりたいと思います。

 

寅さん台本

 

前回のお名入れで、ご希望の多かったのはまず第1作『男はつらいよ』です。また浅丘ルリ子さんがマドンナ役の第25作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』もご希望が多かった作品です。寅さんの名セリフで選ぶか、またはロケ地で選ぶか、はたまた憧れのマドンナ出演作で選ぶか、悩みどころです。

 

当館ではもちろん全48作の台本を所蔵していますが、全てをカード目録で整理していました。しかし昨年の【第1弾】プロジェクトを機に、『男はつらいよ』全作品の図書館システムへの遡及入力を終え、今ではパソコン端末で所蔵を検索していただけます。さすがに名セリフは事前に関連書籍で調査をしてからでないと検索できませんが、『男はつらいよ』シリーズに関しては出演マドンナやロケ地を端末に入力して台本をお探しいただく事も可能です。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?時を経て長く愛され続ける映画のように、当館も末永く愛され、役に立つ存在でありたいと願っております。

 

 

[左]は本物の台本。[右]の文庫本カバー(見本)は60%の大きさです。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPにお名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3,000円の引換券に加え、

■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「弁天娘女男白浪」&「男はつらいよ」の表紙の特製デザイン!

支援者
89人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

5,000円の引換券に加え、

■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
101人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円の引換券に加え、

■「かふきのさうし」オリジナル一筆箋
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

30,000円の引換券に加え、

■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい

支援者
11人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする