みなさま

 

 あたたかい励ましと、応援をありがとうございます。期限まで9日、あと94,000円です。ともすると、あきらめそうになる気持ちがよぎりますが、タイムリーに心強い応援メッセージをいただき、がんばろう! と自分に言い聞かせる毎日です。下記は編集メンバーの声です。最後まで、応援よろしくお願いいたします。

 

                *****

 

 NHKの連続ドラマ「あさが来た」の主人公のモデルとなった、明治の実業家、 廣岡浅子は大阪YWCAの創設の準備委員でもありました。

 先日、とても愉快なあさのエピソードが放送されました。幕末の動乱期に、あさの嫁ぎ先の両替商加賀屋に、新撰組の土方歳三がお金を借りにやってきました。男たちはみな恐怖で動転し、言われるがままお金を用意しようとしました。しかし、若奥さんであるあさは、借りたお金は確かに返してもらえるのかと土方に問いました。そして、腹を立てて刀を抜いた土方に対して「刀と信用は真逆のもんだす」とキッパリと言い放ったのです。

 

 あさの生きた時代から100年後の現在、YWCAの女性たちは、「武力で平和はつくれない」というモットーを共有し、活動を続けています。私たちはこの冊子で、ここ大阪から「武力と平和は真逆のもんだす」と訴えたい。みなさまのご支援をお願いいたします。

                          平和・環境部委員会 

                              西村由紀子

 

 

新着情報一覧へ