プロジェクト概要

カンボジアの中学校、高校の教科書を変える!

正しい教育を広めるため、新しい教科書を製作、配布します。

 

カンボジアはプノンペンで大学で数学・物理を指導しているクン・ソピアプ(Khun Sopheap)と申します。1997年から約10年間、国費留学生として日本に留学していました。日本で学んだことを活かし、またカンボジアの教育に貢献するために、皆様の力を添えていただければと思います!

 

この度、カンボジアの学校に間違いの多い教科書から、正しい記述のしてある教科書を配布し、カンボジアの教育を向上させたいと考えています。教科書代を印刷し高校に届けます!

   

 

 

1種類しかないカンボジア国定教科書から、間違った内容を学ばせない為に

新教科書を寄贈します。

 

カンボジアの国定教科書に準拠し、日本で学んだことや日本で手にした教科書・参考書のエッセンスを大いに活用して、私や私を含めた有識者で作成した数学・物理の参考書をカンボジア全土の中学・高校に寄贈したいと考えております。

 

間違った教科書から間違った内容を学び、中学・高校卒業試験に合格できない学生たちを救いたいのです!

 

 

 

カンニング行為、回答用紙売買が多く行われている国カンボジア

その不正行為を教育大臣が禁止したのも、つい昨年からなのです。

 

これまで、カンボジアの大学進学のための試験は、カンニング行為が先生への賄賂で黙認されたり、試験会場近くで問題の解答用紙コピーが売られるなど、制度的に崩壊していました。

 

それを現在の教育大臣のハン・チュオン・ナロン氏が2014年度の高校卒業試験から、不正行為の一切を禁止する大改革を断行しました。これにより合格率は急落し、卒業資格が得られず涙をのむ高校生をたくさん見ています。1種類しかない間違った国定教科書で、間違ったことを学んでいる学生たちを助けたい、というのが本プロジェクト立ち上げの動機です。

 

 

 

今回の資金調達で、プノンペン市内の高校から教科書を配布していきます。

最終的にカンボジア全土の1,124校への配布を目指しております。

 

カンボジア全土に配布する数学・物理の参考書の印刷費用・配布費用です。今回は、プノンペン市内の高校のみで実行し、今回のプロジェクトがきちんと実行されれば、カンボジア全土の1.124校への寄贈に向けて次のステップに入りたいと思います。今回は、プノンペン市内の高校への配布、合計1万2千部の印刷、配布を行うプロジェクトです。

 

 

 

日本のわかりやすいエッセンスを盛り込んだ新教科書

最終的にはカンボジア全土の約80万人の中・高校生に正しい教育の普及を目指しております。

 

カンボジアの国定教科書は1種類しかなく、その内容は間違っている部分が散見され、また内容が極端に難しかったり、説明が不十分なことが多く、学生が自分で勉強しようと思っても困難です。日本のわかりやすい参考書などのエッセンスを盛り込んで作成したわかりやすい参考書で、カンボジア全土の約80万人の中学・高校生に裨益効果があると考えております。

 

 

 

---引換券---

 

・カンボジアの高校生からのサンクスレター


・参考書に支援者名前を明記


・スタディツアー

カンボジア現地を訪れ文化を学べるツアー。

2015年9月30日~10月31日の間に1回有効。 渡航費・宿泊は参加者持ち。実施内容プロジェクト終了後に支援通知するもの 渡航費・宿泊は参加者持ち。


・カンボジアからのお土産2点詰め合わせ


・カンボジアからのお土産豪華詰め合わせ


・お礼のメッセージ入り教科書

 


最新の新着情報