僕は石川県で学習塾を運営しています。

新幹線が開通したとはいえ、控えめに言って「まだまだ田舎」なのが現状。

都会で当たり前のように起こっていることが、こちらではまだまだ「非常識」として捉えられている。

そのため、あらゆることに対して一歩、いや、百歩ほど出遅れ続けていることが、もはやこちらの「常識」となってしまっています。

教育に関しても例外ではありません。

スマホを使った学習が当たり前になっているのに、怪訝な顔で「そんなのは勉強じゃない」と批判的になる方も、けっして少なくはないのです。

未だに「国公立大学にさえ入学できれば安泰だ」という考えが根付いているのです。

無論、プログラミングに関してのあらゆる知識も、やはりどこか出遅れている実感があります。

今回の川村さんの試みは、そんな「地方教育」に対する疎さを払拭する、大きな一歩になるだろうと強く感じました。

多くの親御さん・教育関係者は、「(プログラミングの)必要性はなんとなく分かっている」と思っているはずです。

しかし、「でも何をしていいのか分からない」というのが正直なところなのでしょう。

そんな地方教育のモヤモヤとした雰囲気に、「お寺×プログラミング」という意外性は、ドでかい風穴をこじ開けてくれる気がします。

今回のプロジェクトが実現して、最先端の技術に触れる機会が平等にもたらされることを期待しています^^

これからも頑張ってください!

▼支援したいなと思ってくださった方はこちらから!!▼
 

 

 

 

 

勉強を教えない学習塾STUDYBANK 塾長

津本高宏

 

新着情報一覧へ