2011年3月に起こった東日本大震災は、ここ気仙沼市にも甚大な被害をもたらし、誰もが悲しみに暮れました。今もたくさんの工事が市内で進んでいます。

この5年間、気仙沼市の復興のために尽力して下さった皆さんに私たちもたくさん助けられてきました。たこ焼き屋「なにわのたこよし」を今も続けていられるのは皆さんのお陰です。本当に感謝の言葉しかありません。

素敵な出会いもたくさんあり、中には何度も足を運んでくださっている方もいます。

今度は私たちが皆さんにお返ししていく番です。自分たちにできることを一生懸命やって、ここ気仙沼市で恩返ししていこうと決心しました。

気仙沼市は日本一のサメの水揚げ量を誇ります。そのサメを美味しく加工することに成功しました。これを商品化できるようプロジェクトを立ち上げ、雇用をもたらせるように事業化していくために、360万円の初期費用が必要です。

ご賛同頂けるみなさまに於きましては、ご支援頂ければ幸いです。凄いこうひょうです。お陰様で、

新着情報一覧へ