三陸人:菊地広隆さん
(小島製菓)

会える場所:釜石市

 

-----------------------------------------

 

小島製菓3代目の菊地広隆さん。カナダに語学留学し、その後、ヘッドハンティングの会社の営業をつとめるも、震災後、父親が倒れ帰国。最初に手がけた新製品は、「しあわせの酒まんじゅう」。地元の酒、浜千鳥の酒粕を使った蒸しまんじゅうだ。「商品は決まっていなかったんですが、“しあわせの”というフレーズは入れたかった。被災地から頑張っているよ、じゃなくて、釜石にいて幸せだよ、って思いを込めています」と菊地さん。まずは地元のおじいちゃん、おばあちゃんに食べてもらった。浜千鳥の上品な香りのふかふかのおまんじゅうは大好評、今では人気商品の一つになっている。「和菓子づくりは素人だから、和菓子は店の従業員にまかせて、自分は裏方に徹していますよ」と小島さん。そんな謙虚さと明るさ、決断力がみんなから愛される理由。熱血野球部員だった高校時代は盛岡で過ごした。今、自分のふるさとである釜石を再発見している最中だ。釜石の企業や商店の跡取り息子たちで結成された、NEXT KAMAISHIのメンバーたちとも刺激し合う日々。それがめちゃくちゃ楽しいんですよね、と笑う。狙うは世界。国籍を超えて愛されるジャパニーズスイーツが釜石から誕生する日が楽しみだ。

 

-----------------------------------------

 

■「三陸人」Facebookページ
https://www.facebook.com/CommunityTravelGuide

 

■「三陸人」を応援する
https://readyfor.jp/projects/sanrikujin

 

■「三陸人」のリターン一覧
https://readyfor.jp/projects/sanrikujin/announcements/4891

 

 

 

 

新着情報一覧へ