READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

京都 岩王寺|京都府登録文化財「かやぶきの山寺」葺き替えにご支援を

松井真海

松井真海

京都 岩王寺|京都府登録文化財「かやぶきの山寺」葺き替えにご支援を

支援総額

4,005,000

目標金額 3,400,000円

支援者
131人
募集終了日
2021年3月31日
プロジェクトは成立しました!
20お気に入り登録
20人がお気に入りしています

20お気に入り登録
20人がお気に入りしています
2021年03月02日 17:47

嵯峨天皇と岩王寺

 

 

 

岩王寺(シャクオウジ)の茅葺きの本堂葺き替えプロジェクトも10日が過ぎました。

日に日に増える皆様からのご支援に、驚きとともに感謝の念に絶えません。

今回は前回もお話しさせていただきました嵯峨天皇と岩王寺について寺伝に残る限り詳しく語らせていただこうと思います。

 

 

 

 

 

今上天皇と嵯峨天皇

先月の天皇陛下の誕生日の際に開かれた会見にて、コロナウイルスにより国民全員が大変な思いをしていることを憂いて、平安時代に流行った疫病が早く鎮まるよう般若心経を写経し奉納された当時の嵯峨天皇を例に挙げ、ご紹介されておりました。嵯峨天皇に注目が集まる今、嵯峨天皇と岩王寺についても深い関わりがありますのでご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本三筆

嵯峨天皇は前回もご紹介いたしましたが空海、橘逸勢と同じく日本書道史の能書においてもっとも優れた3人のひとりに数えられており、818年に大内裏の門額を書き換えることを考え、自らは東の三門、空海は南の三門、橘逸勢に北の三門を任せました。この門額を書いた3人を平安時代初期第一の能書としてあがめるようになり、江戸時代中期ごろから日本三筆として尊称されるようになりました。

 

 

 

 

 

岩王寺と嵯峨天皇

習字や書道で字を書くときに、みなさん必要になるのが硯石ですが、日本三筆と呼ばれる程書に精通していた嵯峨天皇が非常に好まれ、御愛用されていた硯石が岩王寺(シャクオウジ)の裏手にある山より取れました。嵯峨天皇はこの硯石のことをこんな風に呼ばれています。

 

丹波の国石王子山に硯石あり、黒色にして白筋あり、その筋陽樹の如く、すすきの如く、或いは竹の画に似たり、甚だ上品の硯なり。本朝硯石諸州に出づと言えども、文字ヶ関・石王子に及ぶものなし。

伝え言う嵯峨天皇の勅に石の王子なるべしとて石王子(シャクオウジ)と名付け給うと。今の世当山に入ることを禁ず。甚だ得難く稀にあり、価貴し  (雲右根志「玉石調査研究書」より)

 

このように伝えられ、往時には硯に作る石王子(シャクオウジ)石を岩王寺(シャクオウジ)の奥より産し、その名は天下に広く知られ、この石で作った硯を愛用している書家も多かったそうです。現在この石を掘ることはできない為、大変貴重なものとなっています。

 

 

 

  ※本堂正面の寺号額の代わりに使われている石王子石(御本尊が薬師瑠璃光如来であることから、瑠璃殿と書かれている)

 

 

 

 

 

リターン品

今回の岩王寺(シャクオウジ)の茅葺きの本堂の葺き替えプロジェクトのリターンの中にございます特別御朱印は、先ほどご紹介いたしました嵯峨天皇御愛用の硯石をイメージした黒色の台紙に石王子(シャクオウジ)石の特徴であるススキのような、或いは竹のような白色の筋が入った、硯を模した御朱印に茅葺きの山寺の印を押した特別限定のものとなっております。

また、今では取ることのできない石王子(シャクオウジ)石を親玉にした木の腕輪念珠と、石王子石を4つも使った水晶のブレスレットもご用意しております。この石王子石は、現在手に入れることは非常に困難であり手に入れることができない非常に貴重なものです。

リターン品のイメージを公開いたしましたので、ご支援いただきました皆様も、まだされていなく迷われている皆様も、どうぞそちらも是非ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、以上が嵯峨天皇と岩王寺の歴史です。

岩王寺はご紹介した嵯峨天皇はもちろん、日本三筆のひとりである弘法大師空海が開祖の真言宗に属しており、書で有名な2人と深い関わりがあることから、毎年9月には筆供養の法要も厳修しております。ぜひお時間合いましたらそちらもご参拝ください。

引き続き、皆様のご支援お待ちしております。

 

 

 

 

追伸

現在、苔を取る作業が終り、いよいよ葺き替えがはじまりますので、その前に写真を撮りました。よく見てみると苔の下からどんぐりが根を張っていたようです。苔を取らなければすくすくと育ち、来年には芽が出ていたかもしれません。

 

 

岩王寺と3人の偉人春の兆し
一覧に戻る

リターン

10,000

A|御芳名録に記帳・戦勝札

A|御芳名録に記帳・戦勝札

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)

支援者
49人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

15,000

B|特別御朱印

B|特別御朱印

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)
●特別御朱印(郵送)

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

30,000

C|石王子石親玉の腕輪念珠

C|石王子石親玉の腕輪念珠

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)
●特別御朱印(郵送)
●石王子石親玉の腕輪念珠

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

100,000

D|石王子石と水晶のブレスレッド・御芳名板

D|石王子石と水晶のブレスレッド・御芳名板

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)
●特別御朱印(郵送)
●石王子石と水晶のブレスレッド

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

300,000

alt

E|奈良博物館 特別観覧ご招待

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)
●特別御朱印(郵送)
●石王子石と水晶のブレスレッド
●住職による境内ご案内(事前予約制・2021年12月まで)
●岩王寺重要文化財を奈良国立博物館に見に行く特別観覧ご招待(※)

※奈良国立博物館のご配慮により、特別に展示室で岩王寺重要文化財『 髹漆卓(きゅうしっしょく)』 を観覧できます。
※現地までの交通費等は各自でご負担いただきます。2021年12月に実施予定、詳細は11月中に追ってご案内いたします。社会情勢によって延期となる可能性もございます。

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2021年12月

1,000,000

alt

F|御芳名を石柱に記名し境内に建立

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●戦勝札(カード型お守り)
●特別御朱印(郵送)
●石王子石と水晶のブレスレッド
●住職による境内ご案内(事前予約制・2021年12月まで)
●岩王寺重要文化財を奈良国立博物館に見に行く特別観覧ご招待(※)
●御芳名を石柱に記名し境内に建立(希望制)

※奈良国立博物館のご配慮により、特別に展示室で岩王寺重要文化財『 髹漆卓(きゅうしっしょく)』 を観覧できます。
※現地までの交通費等は各自でご負担いただきます。2021年12月に実施予定、詳細は11月中に追ってご案内いたします。社会情勢によって延期となる可能性もございます。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2021年12月

3,000

alt

G|返礼品不要の方むけ

●お礼のメール

支援者
44人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

30,000

alt

H|返礼品不要の方むけ

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

100,000

alt

I|返礼品不要の方むけ

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

300,000

alt

J|返礼品不要の方むけ

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●住職による境内ご案内(事前予約制・2021年12月まで)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月

1,000,000

alt

K|返礼品不要の方むけ

●お礼のメール
●感謝状
●葺き替えご報告書
●御芳名板と御芳名録に記帳・本尊下に安置(希望制)
●住職による境内ご案内(事前予約制・2021年12月まで)
●御芳名を石柱に記名し境内に建立(希望制)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
プロジェクトの相談をする