今回塩ビ管を使用しています。これは施工のしやすさも考慮に入れ、使用しています。         市販の雨水タンクには無い、融通性があります。                                             この様にPetボトルを使用することもできます。                                  個人的にはPetボトルは再利用より再使用が環境負荷が低いと感じています。             実際1年以上使用できています。使い切ってから、リサイクルへ。                    このタイプは外すと水は止まり、差し込むと水が入る仕組みとなっています。                           色々なパターンができます。                                                  将来を見据えて計画をすれば、この様に容量UPが容易にできます。                 更なる可能性を探るためにも、是非皆様ご協力をお願いします。

新着情報一覧へ