READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ミャンマーのロヒンギャ難民の人々に緊急食糧支援をしたい!

松本真吏

松本真吏

ミャンマーのロヒンギャ難民の人々に緊急食糧支援をしたい!

支援総額

212,000

目標金額 200,000円

支援者
42人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2017年03月15日 22:38

あと6日!

こんにちは、SUAC For People広報担当の松本真吏です!

Readyforも残り6日となりました。

今日から最終日まで、メンバー一人一人にプロジェクトについての想いを語ってもらいます!

今日は、SUAC For People広報担当の松本真吏がプロジェクトについて語ります!

------------------------
私は高校生のときから海外に興味があり、ミャンマーやバングラデシュなどに行っていました。
特にバングラデシュでの経験は、私の価値観やその後の進路を大きく変えるきっかけとなりました。
現在、大学では宗教と国際協力について学び、将来は宗教の違いによって起こる紛争の解決に関わる仕事がしたいと思っています。

そんな私が、SUAC For Peopleでロヒンギャに対する活動を始めたのには深い想い入れがあります。
まず、ロヒンギャの問題は私の大好きな国、ミャンマーとバングラデシュが大きく関わっています。ミャンマーとバングラデシュは私に多くのことを教えてくれた、大切な国です。
高校生のとき、現地で見たのはいつもテレビの向こう側にあったものでした。貧困も児童労働も早婚もスラムも紛争も、すべてテレビの向こう側の出来事でした。可哀想とは思ってもすぐに忘れてしまう、自分の生活に精一杯になってしまう、そんなものでした。でも、それが現実であり、それがテレビの向こう側ではなく、今ここにある、そう感じたときに何もできない自分を情けなく思いました。それでも今は、できることを精一杯やること、それは私にもできることであり、やるべきことだと思っています。
ロヒンギャの問題も、テレビの向こう側の出来事です。私が何のアクションも起こさない限り、それは変わりません。しかし、一歩踏み出せばそれはもう向こう側ではなくなります。その一歩を踏み出したいと、そう思ったことが私の活動を始めた想いの中心にあります。

更に、私は仏教徒ですが、イスラームの友達もたくさんいます。
ロヒンギャの問題は、仏教徒とイスラームの対立が大きく関わっており、私自身非常に辛く、どうにかしたいという思いがあります。

テレビの向こう側に触れる、そしてそれを伝えていく、それが私のやるべきこと、やりたいことです。ロヒンギャについて知ったことで、彼らのために活動したいと思いました。今救える命を救いたいと思いました。そのために、緊急食糧支援を必ず成功させます。

残り6日になりましたが、応援よろしくお願いいたします。

【明日も引き続き、メンバー1人1人にロヒンギャの問題、Readyforについて語ってもらいます!】

Readyforの達成率、現在は85%です!!
支援してくださった皆様、本当にありがとうございます。引き続き、応援よろしくお願いします!
一覧に戻る

リターン

1,000

(学生限定)約2家族分の1日の食料を届けることができます。

■感謝の気持ちをこめてメールを送らせていただきます。
■3月下旬に予定している現地調査の報告をメールにてさせていただきます。

※治安、その他事件等で中止になる可能性もあり、その場合は私たちの活動やAPCDへの支援の報告等を送らせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

3,000

約7家族分の1日の食料を届けることができます。

■感謝の気持ちをこめてメールを送らせていただきます。
■3月下旬に予定している現地調査の報告をメールにてさせていただきます。

※治安、その他事件等で中止になる可能性もあり、その場合は私たちの活動やAPCDへの支援の報告等を送らせていただきます。

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

10,000

約23家族分の1日の食料を届けることができます。

■感謝の気持ちをこめてメールを送らせていただきます。
■3月下旬に予定している現地調査の報告をメールにてさせていただきます。

※治安、その他事件等で中止になる可能性もあり、その場合は私たちの活動やAPCDへの支援の報告等を送らせていただきます。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

30,000

約70家族分の1日の食料を届けることができます。

■感謝の気持ちをこめてメールを送らせていただきます。
■3月下旬に予定している現地調査の報告をメールにてさせていただきます。

※治安、その他事件等で中止になる可能性もあり、その場合は私たちの活動やAPCDへの支援の報告等を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年4月

プロジェクトの相談をする