READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!

三野(さんの)晃一@生活支援センター「サンサン」

三野(さんの)晃一@生活支援センター「サンサン」

障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!

支援総額

859,000

目標金額 800,000円

支援者
85人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年06月22日 14:55

新サイト公開!

新サイト公開!READYFORプロジェクト「障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!」で提案した15個の不便改善グッズ、ほぼ完遂致しました。日本全国から、そして地元香川県からの多くのご支援、情報拡散のご協力、ほんとうにありがとうございました。皆様からいただいた資金をもとに、昨年の12月から約半年をかけ、香川県立高松養護学校様の全面的なご協力をいただき、15の「毎日の生活のちょっとした不便」を改善するグッズ、3Dモデル作成ソフトと3Dプリンターで生み出しました。いままでありそうでないもの。ひとりひとりの事情と個別のニーズに可能な限りマッチしたグッズ。「パーソナル3Dプリンタ」だからこそ、メーカーに頼らず、自分たちでつくってみる!ことができる。医療やエンタテイメントでの活用のような、最先端でもおしゃれでクリエイティブでもないかも知れませんが、確実に、ひとつの試作品でおひとりの方の不便を、少し、改善することができたのではないかと思います。ぜひ、このサイトをご覧ください。出来上がる過程をひとつひとつのグッズのページに記載しました。

 

 

 

・READYFORプロジェクト「障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!」
⇒http://sunsun3d.jimdo.com/

 

たくさんのご支援、本当にありがとうございました。

 

生活支援センター「サンサン」就労継続支援B型

「3Dプリンターチーム」メンバー一同

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・ブログ、Facebookページに支援者様のお名前記載

支援者
58人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円に加え、
・完成した3Dモデルを使っている障がい者の方の写真付きサンクスレター
・生活支援センター「サンサン」で制作した3Dモデルの中からお好きなもの1点プレゼント

支援者
21人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円に加え、
・3Dプリンターでつくる「オリジナルレイアウト&名前入り貯金箱」
・四国うどん県にちなんで、「さぬきうどん2人前」
・身近な障害者のためにこんなものをつくって欲しい、というリクエストに応じて、3Dモデルデザイン設計を起こし、3Dプリンターで出力してお届け。

※現在のメンバーの3Dモデル作成ソフト能力の範囲内で実現できるモデルに限らせていただきます。
※今回使用する3Dプリンターの出力範囲内の造形に限らせていただきます。

支援者
6人
在庫数
4

30,000

10,000円に加え、
・3Dプリンターでつくる「オリジナルレイアウト&名前入り貯金箱」
・四国うどん県にちなんで、「さぬきうどん2人前」
・身近に障害者や高齢者の方が居ないけれど、ぜひ当事者の方に生活改善グッズをプレゼントしたい方用の「生活改善グッズ"おまかせ”オーナー権」

※現在のメンバーの3Dモデル作成ソフト能力の範囲内で実現できるモデルに限らせていただきます。
※今回使用する3Dプリンターの出力範囲内の造形に限らせていただきます。

支援者
3人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする