新サイト公開!READYFORプロジェクト「障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!」で提案した15個の不便改善グッズ、ほぼ完遂致しました。日本全国から、そして地元香川県からの多くのご支援、情報拡散のご協力、ほんとうにありがとうございました。皆様からいただいた資金をもとに、昨年の12月から約半年をかけ、香川県立高松養護学校様の全面的なご協力をいただき、15の「毎日の生活のちょっとした不便」を改善するグッズ、3Dモデル作成ソフトと3Dプリンターで生み出しました。いままでありそうでないもの。ひとりひとりの事情と個別のニーズに可能な限りマッチしたグッズ。「パーソナル3Dプリンタ」だからこそ、メーカーに頼らず、自分たちでつくってみる!ことができる。医療やエンタテイメントでの活用のような、最先端でもおしゃれでクリエイティブでもないかも知れませんが、確実に、ひとつの試作品でおひとりの方の不便を、少し、改善することができたのではないかと思います。ぜひ、このサイトをご覧ください。出来上がる過程をひとつひとつのグッズのページに記載しました。

 

 

 

・READYFORプロジェクト「障がい者が実体験を活かし3Dプリンターで不便改善グッズ制作!」
⇒http://sunsun3d.jimdo.com/

 

たくさんのご支援、本当にありがとうございました。

 

生活支援センター「サンサン」就労継続支援B型

「3Dプリンターチーム」メンバー一同