プロジェクト概要

ひとりの予約がひとりの給食になる!

「テーブルクロス」アプリで予約をした人数分が、

途上国の小学校の給食の支援に繋がります。

 

みなさん、こんにちは!城宝薫(都内大学3年)と申します。私はかねてから海外に見る ”食” の問題に関心を持っていました。「食費を稼がなければならないがために、学校へ行けないでいる多くの子どもたちをどうにかしたい。」その想いを形にすべく、今回、国内グルメサービスを通して給食を途上国のこどもたちに届ける「テーブルクロス」事業を立ち上げました。外食の折にこのアプリを使って4人分の予約をすると、4食分の給食が途上国のこどもたち寄付される仕組みです。

 

このアプリの開発・機能の拡充のために、

皆様のご支援をお願い致します!

 

 

 

テーブルクロスの仕組み

 

このアプリを使ってもらうだけで、手軽に給食を届けることができるのです。例えば、外食の際にこのアプリを使って4人分の予約をすると、4食分の給食が途上国のこどもたち寄付される仕組みです。もちろん、この事業・アプリを社会に浸透させるために、ユーザーは無料で使用できるようにします。コンテンツの方もクーポン等のサービスを充実させ、利便性の面からもユーザーの満足度も高めていきます。

 


飲食店の方々にも喜んでもらえる仕組みを!

 

この事業の成功には日本全国の飲食店の方々の協力が欠かせません!テーブルクロス事業スタイルは、飲食店の皆様にとって大きなベネフィットを提供します。アプリを通じた広告掲載費は、”完全成果報酬型(=出来高制)”になります。(例)アプリから予約・来店したお客さん×「180円」=月額広告費。実際来店者数分の広告費負担で済むため、"効率的"な広告活動が可能になります。また、ここで頂く収益の一部が、給食費として寄付されることになります。

 

 

▼動画も是非ご覧ください。

 

 

「日本全国規模型チャリティ」を目指して!

 

私はこれまで、海外に訪れる機会に恵まれ、その度にあらゆる現状を目にしてきました。その中で、こと貧困国と呼ばれる国々の“食×こども”に対する実態は、私自身考えさせられることが多くありました。「この国は、チャリティへの一層の可能性を秘めている!」「もっともっとスケールの大きい“日本全国規模型チャリティ”ができるはずだ!」そう考え、株式会社Volanteを立ち上げ、この事業をスタートさせました。

 

(子ども達と私)

(「テーブルクロス」は沢山の方のご協力のもと成り立っています!)

(JICAミャンマー事務局にて)

 

 

ご支援金の使途について

 

 アプリ製作にあたって、ユーザーの方に満足して使って頂くために、他のグルメサイトと遜色ない機能の拡充を図っているところです。その製作費用、またパンフレット製作等の宣伝費用を調達したいと思っています。

 

 

アプリを利用していく中で、

一般の方にもチャリティ意識が根付いてほしい。

 

このアプリには今まで寄付した給食数を画面に表示させるチャリティカウンター機能をつけます。今までに寄付した給食数を画面に表示させるチャリティカウンター機能をつけます。アプリを利用していく中で、一般の方にもチャリティ意識が根付くと、他のチャリティ事業への自発的協力も生まれると考えます。そうなると他のチャリティ団体の活動も相乗的に活発化すると思っています。

 

(チャリティカウンター機能について)

 

 

引換券について

 

・「支援者会食パーティへのご招待」

数十人規模の会食へご招待致します。同じ想いをお持ちになる方々と意見交換をして頂き、有意義な時間を過ごして頂ければと思います。 尚、会場の予約もこのアプリを通して行おうと考えていますので、早速の寄付に繋がります! こちらは東京・関東に関わらず、支援者の方がおられるところに私が出向き、会を企画します! ぜひ、日本全国からのご支援をお待ちしています! 


・「勉強会&お茶会へのご招待」

東京港区の弊社オフィスにお越し頂き、5,6名程の他の支援者の方々と私を交えた意見交換の場を設けます!私にとって初めての大規模チャリティ事業となるので、この事業を成功させたいと強く思っています。 そのためにも、ぜひ、活動に取り組む上での心構えやポイント等の御指南を頂けたらと思います! 


・「お礼のメール」

ご理解・ご協力への感謝の気持ちとして、をお送りさせて頂きます。