昨年の東京コレクションでも鮮烈なデビューを果たした想真さん

今回のとても深いテーマを受け止めてくださり出演決定しました

以下想真さんからのコメントです

 

【この世界で自由で安心なほんとうの笑顔を!】
小さいころからよく思っていました。どうしてユダヤ人はいじめられてるの?とか民族差別って?などなど。
僕自身もずっといじめや差別をうける対象になっていたからかもしれないけれど、
理由のわからない差別、どうして○○なの??と疑問に思うことが世の中にはたくさんあり、
平等に人に与えられたもの、安心と自由はそこには無くて。
この世の中には、自分の自由な生き方を奪われてしまった人たちがたくさんいました。

今回、ハンセン病という存在を知りました。どうして感染しないのに隔離されたの??

僕がよく訪れる東南アジアの国では、ハンセン病の方々がいる村に行くのには許可が必要でした。村に入るのに許可がいるの…?
また僕の、どうして○○なの?が始まりました。

先日は多磨全生園に行きました。元ハンセン病患者のマキさんとたくさんお話をし、たくさんハンセン病患者隔離のたくさんの出来事を聴きました。
いろいろ信じられない悲しいお話も聴いたけれど、でも、この日、僕もマキさんも、たくさんたくさん遊び、たくさんたくさん笑いました!
マキさんは、ステキなかわいい笑顔でした。

ぼくは思いました!笑顔は自由なんだ。
これを壊す権利は、だれにもないんだ。
しかし世界には、心に負った深い深い傷がたくさんあり、これが治ることもない。
心のトゲを抜いたら、そのトゲにもまた別のトゲがささっていて、そのトゲを抜いたら、そのトゲにもまた別のトゲがささっていて…
笑顔が、それを紛らわせた一時的なものになりかねない。

傷をふくめて まるごと受けとめる
傷をふくめて まるごと愛して
傷をふくめて まるごと笑顔の花を咲かせる
世界中に自由で安心なほんとうの笑顔
それが僕の夢です。

昨年、東京collectionで平和への祈りをこめてランウェイを歩かせていただきました。
今年は、偏見や差別を越え、優しい安心と自由な世界へ祈りを込めて、Tenboファッションと共に世界にむけてランウェイを歩かせていただきます。

FLY HIGH 踊るラッキーBOY 想真

新着情報一覧へ