はじめまして、八木沼志乃です。

普段はアパレル関係で仕事をしています。

 


私がボランティアに参加したのは、代表Shogoの純粋な熱意に背中を押してもらったことがきっかけでした。
私の性格だと身内の輪を飛び出して、1人行動するのが苦手なタイプなのですがShogoの気持ちに後押しされ、参加する事を決意しました。


原点を振り返ると震災直後にまだShogoが被災地へ足を運ぶ前、自分達で何かできる事はないかと模索して話し合う場に私の主人も含め、その場にいれた事が大きなきっかけになったと思います。
当時はまだ被災地に行く事も困難な状況の中、1人で現地に赴いたShogoは帰ってきて直ぐに行動へうつし、幾度となく現地での活動を続けてきています。


私が実際に参加出来たのは、震災から4ヶ月たった7月頃、石巻の水産工場で魚を入れるカゴの泥落とし作業でした。当時はまだ、町の瓦礫が残る中、ハエなどの虫が常に飛び交っている状況でした。今振り返ると本当に過酷な状況を現地の方は乗り越えてきているんだと、身をもって感じています。

 

 


その後も何度か参加させていただき、地域の方と触れ合い、行くたびに感じる事、考える事、いつも前向きな変化を感じています。
現在This is a penで行っている金華山にも1度参加させて頂きました。
 

 

三上さんの幼い頃の遊び場だった金華山が昔とは違う環境になってしまったというお話を聞いて、自分の故郷も同じ状況になった時どれだけ悲しく寂しい気持ちになるかと考えさせられました。時間がかかっても進めていかなければいけないと強く感じています。

 

自分自身微力ながら、少しでも現状をより良くするために自分の出来る事から参加し、進めていきたいと思っています。

 

 

 

                                                                                                  八木沼 志乃

 

新着情報一覧へ