わたしもそうだったのですが、魚市場というとピチピチとした生のお魚たちを想像しがちではないでしょうか? 築地には干物、昆布やかつお節、練り物、珍味などの加工品も含めたありとあらゆる海の恵みが揃っています。昨日は合物業会という干物を主に扱われる業会の仲卸さん「尾粂」さんの取材にお邪魔しました。

上の写真はカマスの干物です。塩焼きも大好きですが、水分が少なくなりうまみが凝縮される干物にはまた別のおいしさがありますよね。朝ご飯の定番アジの干物などは年中食べられるイメージもありますが、おいしいカマスの干物が食べられるのは、加工される生のカマスが旬であるまさに今。よく考えれば当然のことなのですが干物と旬をあまり結びつけて考えていなかったかもしれません。

お魚の中にも干物にすることでよりおいしくなる魚種がたくさんあり、例えばクサヤの原料になるムロアジ、お酒のアテのヒーローうるめいわし、そしてカマスもそのひとつ。乾かし方も軽く干してあるソフトなもの、カチカチになるまで水分を飛ばしてあるものなど、いろいろありますし、産地や加工技法によっても味わいは本当に様々だそう、干物の世界もこれまた深い!

こちらも今がおいしいお魚代表カツオ。これは焼津で水揚げされた脂ののったカツオをすぐ茹で生利節にし真空パックしたもの。

インタビュー中に無償に食べたがっていたら、なんと背と腹を一節ずつ頂戴してしまいました!さっそく生姜醤油と茗荷でいただきました。

写真からはいまひとつおいしさが伝わってこないのが残念ですが、お刺身やタタキとはまた別のうまさ。お魚を食べているという感じのテクスチャーも好きです。生利節自体は、昔祖母がよく煮物にして食べさせてくれていたのですが、こんなフレッシュな感じで食べるのは新鮮でした。もっと注目されてもいいのに生利節!とまた勝手にあつくなりながら、いましか食べられない美味を堪能しました。ありがとうございました&ごちそうさまでした!!

新着情報一覧へ