こんにちは、ソノノチです。

 

本日は、初版時の絵本「つながせのひび」の物語を全編公開いたします!

今回作成する絵本はイラストががらっと変更されますが、ぜひ多くの方に読んでいただければと思います。

 

 

・★・★・★・

 

 

<つながせのひび>

なかたにかずよ・ぶん もりおかりえこ・え

 

 

 

 

ひびちゃんとつきちゃんは、そよかぜのふく たににすんでいます。

 

 

 

 

ひびちゃんが やまむこうのまっかなくもをかぶって めをとじると

おおいかぶさるように よるが やってきて

かわりにつきちゃんが もぞもぞ おきてきます。

 

つきちゃんが ほそいたなびきぐもにくるまって めをとじると

よるをおいだすように あさが やってきて

かわりにひびちゃんが のそのそ おきてきます。

 

やねのうえに、いっぴきのくろねこが います。

ひびちゃんが いえをでるたびに

そのねこは、いつもせなかをまげて うーんと、のびをします。

まるで「いってらっしゃい」と、ひびちゃんのことを みおくっているようです。

 

 

 

 

ひびちゃんとつきちゃんは なかよしのはずなのに

なかなか あうことができません。

 

ひびちゃんは、つきちゃんのかおを わすれそうでした。

 

つきちゃんも、ひびちゃんのかおを わすれそうでした。

 

 

 

 

こまった つきちゃんは、だんだんと こころぼそくなりながら

やねのうえの くろねこにむかって いいました。

「きみはそんなところで、ひとりぼっちで さびしくないの?

ぼくなんて、うつむいてばっかり。」

 

くろねこは、じっと つきちゃんをみて ながいしっぽをゆらしました。

そして すとんと あしもとにおりてきました。

 

みると、しろくてちいさい はなが たくさんさいていました。

「こんなにいっぱい。うつむいでばかりだったのに きづかなかった。」

 

「にゃーご きれいな はなだなあ。うちに もっておかえりよ。」

こえは きこえなかったけれど、たしかにそういったような きがしたのでした。

 

 

 

 

つきちゃんは しろいはなを すこしつんで、テーブルに おいておきました。

 

 

 

 

 

つぎのひは ゆきが ふっていて、

つきちゃんが めをさますと はなたばは、うすももいろのびんに かざってありました。

どこからか ひびちゃんのこえが きこえてきます。

「かわいいはなだね、つきちゃん。」

こえは きこえなかったけれど。

たしかに、そういったような きがしたのです。

 

ひびちゃんはあるひ あたたかいシチューをつくって、

テーブルのうえにおいておきました。

つぎのひ、おさらは からっぽになっていました。

「おいしかったよ、ひびちゃん。」

どこからか つきちゃんのこえが きこえてきます。

 

 

 

 

シチューがおいしくて うれしくなった つきちゃんは、

へやをきれいに そうじしてみました。

ひびちゃんを おこさないように、そーっと。

 

「きぶんがいいよ、つきちゃん。」

「そういってくれると おもったんだ、ひびちゃん。」

 

 

 

 

きぶんがよかったので ひびちゃんは、

つきちゃんのにがおえをかきました。

おきているときのかおを よくイメージしながら。

「ぼく、こんなかお してるかな?」

それをみた つきちゃんは、すこし まあるくなりました。

 

まあるくなった つきちゃんは おかえしに、

まんまるになった じぶんのにがおえを かきました。

「ぼく、いまは こんなかお してるんだよ。」

ひびちゃんは おもしろくて うれしくて わらいころげました。

 

 

 

 

ひびちゃんは つきちゃんに、おはようとおやすみの てがみをかきました。

「おはよう、つきちゃん。」

「おやすみ、つきちゃん。」

 

すると、つきちゃんから へんじが かえってきます。

「おはよう、ひびちゃん。」

「おやすみ、ひびちゃん。」

 

 

 

 

てがみは やがて、なんじゅうまい なんびゃくまいに かさなって

そらに にじがかかりました。

 

きっともう、さびしさで こころぼそくなったり

おたがいが おたがいを わすれてしまうことは ありません。

 

 

 

 

そうそう おもいだした。

あのくろねこは、あたたかく むかえられて

ふたりのいえの ねこになりました。

 

おいだすように あさがきて

おおいかぶさるように よるがきて。

おやすみとおはようが わすれずに つながりながら

ページのなかに、いとおしい まいにちが ながれていきます。

 

 

おしまい

 

・★・★・★・