READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

有機栽培国産キヌアの「ノンフライおかき」製作費用を募集します

上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行

上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行

有機栽培国産キヌアの「ノンフライおかき」製作費用を募集します

支援総額

10,000

目標金額 1,500,000円

支援者
1人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

災害時における "大豆・小麦グルテンアレルギー"の

代替栄養食品としても使える、「有機栽培国産キヌア」の

ノンフライおかき製品開発したい!

 

はじめまして、農業生産法人上野原ゆうきの輪合同会社の副代表 大神田良行と申します。わたしたちは、山梨県の東端に位置する上野原市で、「化学農薬・化学肥料を使わない農業」を市内の耕作放棄地をで実施し、農産物の生産販売を行う会社を、2012年2月23日に設立しました。国産キヌアを有機栽培し、「小麦・大豆などのグルテンアレルギー」を持つ人も食べれれる栄養食品としても使える、「ノンフライキヌアおかき」の開発に挑戦しています。既に試作の「キヌアおかき」は市内の和菓子店で始め、現在は、油で揚げない「ノンフライおかき」の開発中で、来年春までに1000品作成したいと奮闘しています。

 

しかし、「ノンフライおかき」の製造費、商品パッケージデザイン費用、その他合わせて150万円が足りません。皆様のお力を貸して頂けないでしょうか。

 

(国産キヌア)

 

 

上野原市の地域特産品に向けて、商工会や市内農家、NPO法人との

連携のもと地域の特産品作りを行っています。


キヌア栽培は山梨県総合農業技術センターが国内の研究機関であったこと、また、国産キヌアの生産を行っているところが他に見られないことで唯一の国産品の生産を行うことの指導を受け、上野原市の地域特産品に向けて商工会や市内農家、NPO法人との連携のもと地域の特産品作りを行っております。キヌアは栄養豊富で、各種の機能性成分を持った「母なる穀物」とも呼ばれるもので、この機能を生かすためには、化学肥料・化学農薬を使わない栽培による製品とすることが必須要件と認識しての栽培を行っております。キヌアにはたくさんの虫たちが集まってきて食害が大変多いのですが、草生栽培などにより、虫害をおさえての栽培を行っております。

 

(新作料理講習会において、料理に使われたキヌアの紹介(大神田))

 

 

わたしたちが有機栽培を行う、「唯一の国産キヌア」

 

キヌアは、高タンパク・ミネラル・必須アミノ酸・ビタミンや食物繊維も豊富な雑穀です。現在、市場流通はすべて輸入品ですが、私たちの栽培しているものが唯一国産キヌアです。先の大震災の後災害食にアレルギーを持った人たちの食べれる災害食が問題となり、その後「日本災害食学会」が発足され弊社もキヌアを使った災害食作りで法人会員に登録されております。また、山梨の「美味しい甲斐開発(やまなしの逸品)」作りにも採択され製品開発を進めております。

 

(脱穀したキヌア粒)

 

 

「栄養価豊富」で「ダイエット食品」とも言われているキヌア

 

キヌアは栄養価豊富で小麦・大豆グルテンアレルギーに対する代替食品となること、また、ダイエット食品とも言われていることから、キヌアを使ったおかきを試作したところ、カリカリとした食感は他に見られないほど強く風味あるお菓子となったことで非常に美味しいとの評判でありました。

 

この「キヌアおかき」をノンフライで作ることができれば、さらに機能の向上が図られ、さらに油が無いことによる賞味期限の延伸が図られるれば、お菓子としての用途に加え災害食(お湯でジェル化の可能)としての機能も持たせられることが予想されることから「ノンフライキヌアおかき」を製造することにいたしました。

 

 

キヌアの機能性栄養成分を生かした災害食作りを目指す

 

過去における震災時にアレルギーを持った方々が食べられる災害食が非常に少なく、この問題なども含めた解決策のため「日本栽培食学会」が発足され、私たちも、法人会員登録をおこない、キヌアの機能性栄養成分を生かした災害食作りを目指しております。

 

 

 

支援金使途内訳

 

・「平成26年度美味しい甲斐開発プロジェクト

 やまなしの逸品開発支援事 業の事業者負担金  150,000円
・「小規模事業者持続化補助金(有機栽培した新雑穀

  「国産キヌア」製品の開発)の事業者負担金  344,000円

・製品開発人件費、交通費            600,000円

・その他 

(ノンフライおかき材料費、パッケージ製作)   406,000円
                  合計   1,500,000円

 

「ノンフライおかき」を作ることにより、大豆小麦アレルギーの方にも食べていただくことが出来る食品(お菓子)であり、キヌアの栄養価を生かした災害食として使われるように開発製造を行います。また、私たちが作っているジャガイモ焼酎「芋大明神」の添え菓子になり、地元上野原のお土産品となることを願っています。

 

 

 

引換券について

 

・芋大明神(焼酎)

せいだ焼酎(芋大明神)はジャガイモ焼酎でさっぱりした味です


・国産キヌア粒

キヌアは他の雑穀や小麦などと比べカリュウム、カルシュウムなどのミネラルが多く含まれる他、高タンパク、必須アミノ酸がバランスよく含まれ、ビタミン、食物繊維豊富です、さらに、フェノール類の多く含まれ抗酸化作用成分が含まれ、生活習慣病の予防アンチエイジング効果が期待されています淡泊な味の食感はプチプチとしていますので、スープやリゾット、サラダ、お米に混ぜて炊くなどたくさんな料理方法があります。また、炒ったキヌアでキヌア茶もお楽しみ出来ます。

 

キヌア粒の調理する基本は軽く水洗いしてから

「茹でる(沸騰したお湯で10分位)」→プチプチ感

「炊く(炊飯器でお米と一緒に炊く)」→プチプチ感

「炒る(フライパンできつね色になるまで炒る)」→カリカリ感

この後いろいろな料理に使います。

 

・ノンフライおかき

キヌアのカリカリした食感を生かしての開発を行い「やまなしの逸品」として仕上げる予定です。(写真はイメージです)

 

(右 ノンフライキヌアおかき(写真は試作品のキヌアおかき)イメージ
 左 キヌア粒(150g)

 

 

運営団体について

 

農業生産法人上野原ゆうきの輪合同会社

HP: http://ukinowa.com/

 

 

もっとみる

プロフィール
上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行
上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行
有機農業を通して地域活性化とソーシャルファームを目標とした事業展開を行う会社で、国産「キヌア」の生産から加工品開発を行っております

リターン

3,000

・感謝のお手紙
・キヌア粒(1袋)※レシピ付き

支援者
0人
在庫数
制限なし

10,000

・感謝のお手紙
・ノンフライおかき(3袋 箱入り)
・キヌア粒(2袋)※レシピ付き

支援者
1人
在庫数
制限なし

30,000

・キヌア製品詰め合わせ
・芋大明神(焼酎)(12本)

支援者
0人
在庫数
制限なし
プロフィール
上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行
上野原ゆうきの輪合同会社 副代表 大神田良行
有機農業を通して地域活性化とソーシャルファームを目標とした事業展開を行う会社で、国産「キヌア」の生産から加工品開発を行っております

あなたにおすすめのプロジェクト

【気仙沼と共に歩む】桑の和紅茶で健康に!毎日飲める優しい風味

時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)時井 勇樹(ヒノマルベリー代表)

#フード

累計支援者数
20人
継続会員数
1人

神戸初の木灰そば専門店を

萩原 弘也萩原 弘也

#フード

2%
現在
6,900円
支援者
2人
残り
12日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする