プロジェクト概要

 

新たな着物の価値を作り、着物文化を発展させたい!


はじめまして、株式会社きものみらい 専務取締役 森将泰です。京都の呉服問屋に生まれ、実家の会社を継ぎました。子供のころから着物に囲まれ育ちました。

近年、着物は販売価格の低下と絹製品の高騰から、カラーコピーやプリントと言った機械生産の着物が多くなり、手仕事による着物は少なくなりました。

一方、皆さんのタンスの中には、機械には出せない手仕事による上質で優雅な着物が何年も日の目を見る事無く、たくさん眠ってしまっています。

私は、この着物たちに大いに活躍してもらい、「着物を人から借りる」選択肢を一般化し、着物を着るハードルを下げ、着物の持つ魅力を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えています。

その先に着物文化の普及、着物業界の発展に繋がればと切に願っております。

 



 

タンスの肥やしで、ホントの肥やしを!


販売価格の低下と絹製品の高騰により、機械生産された着物が増える一方、手仕事による着物は減りました。

卓越した技術を持った職人は減り、いい着物を作る会社は減少し、機械生産の着物が多く出回るようになりました。

そのような時に、お客様から、着物の処分についての相談を何件も受けました。

「リサイクルショップや訪問買取では安すぎて手放せず、捨てる事はどうしても出来ない」との事でした。

お客様の家で見せていただく着物は生地や染めの加工、構図などとても素晴らしい物ばかりで、大袈裟でなく今では作れない物も珍しくありませんでした。

着物は一年に一度はタンスから出して風を通す「虫干し」をするか、一年に一度は袖を通して着用すると状態良く保管出来ますが、干す事も着る事も無くタンスに入れっぱなしでは、このいい着物が駄目になってしまいます。

そこで「代わりに人に着て貰う」事を思いつきました。

着物は、着た時の柄行や着姿を考え抜いて作られています。読んで字のごとく「着る物」です。着装して初めてその着物の良さを確認できます。その上、着物は体に巻きつけて着るものなので、洋服よりも格段に体型の違いやサイズに対応できます。

いい着物の持つ優雅さや上品さは日本人女性の立ち居振る舞いと合いまると、その存在が人を感動させる程の力を持ちます。

特に、昨今よく目にする、花柄のシールを貼ったハデハデな振袖には無い力です。

このアプリを使って、着物を着る際に、人から借りると言う選択肢を普及させます。

貸す側のメリットは、借りた人の大切な日や思い出をシェア出来る。レンタル料でお小遣いを稼げる、着物を着てもらう事で風を通し、絹の状態を良好に保てる。

借りる側のメリットは、貸し主の人と着物を通して、お祝いや思い出を共有でき、品質の良い着物を安く借りる事が出来る。

地域のメリットは、振袖に関しては当日の着付けは地元の美容院を使用しますし。写真も地元の写真館を使って頂けます。

 

皆にとってwinwinだと思います。

呉服業界にもメリットがあると考えます。

このアイデアは呉服業界を低迷させると関係者に言われますが、私はそう思いません。購入した良い着物が後々お金を生むことが認知されれば、職人の手仕事による品質の良い着物の購入のハードルは下がり、後継者育成の資金を得られ、呉服業界や着物文化に新しい風をふかせられると確信しています。まさに「売り手良し、買い手良し、世間良し」の近江商人の三方よしです。

 

着物貸し出しアプリWaDanceを宣伝し、この考え方をスタンダードにしたいです。


今回のプロジェクトでは、すでに作成、公開している着物貸し出しアプリ「WaDance」を宣伝するためのチラシの作成費を支援していただきたいです。

作成したチラシを京都駅や京都市内のあらゆる場所で配布したいと考えています。

着物を貸し出される方と、着物を借りられる方に、貸し借りに伴う不安や心配を分かりやすく解消する内容のチラシにし、メリット、デメリットを明確にしアプリの普及に役立てたいです。

着物への興味を高め、距離を縮め、存在と価値をかえる


女性は、皆とても美しいです。その美しさをさらに引き立たせ、感動を与える力を着物は持っています。

このアプリの利用により、「人に着物を貸す、人から着物を借りる」事への理解とモラルを広め、着物をシェアする事を一般化する事により、着物の着用率を上げ、着物への理解と興味を深めていきます。

個人間での経済活動から生まれるお金で、新たに着物を購入してもらえる流れを作っていきたいと思います。

 

私の意見に賛同頂ける方、着物の職人を応援したい方、手仕事による手描き友禅を残したい方や好きな方、シェアリングエコノミーを応援して頂ける方に是非支援して頂きたいです。
 

 

リターンについて


ご支援頂いた方に、心からのサンクスレターと、支援金に応じた。リターンをご用意させていただきます。
 

支援金について

 

ご支援頂いた資金で、既に公開済みのアプリ「WaDance」の広告チラシのデザインと印刷をさせて頂きます。目標より多くご支援いただければ、アプリのアップグレードに使わせて頂きたいと思います。

 

2018/11/30までに、WaDanceのチラシのデザインと印刷1000枚作成した事をもってプロジェクトの終了とさせて頂きます。

 

※チラシ作成について

委託先名称:PRINTosaka

委託先URL:www.printosaka.com

作成の進捗:未着手(2018/11/01までに着手予定)

 

どうかご支援よろしくお願いします。

 

 


最新の新着情報