昨日、久一さんと電話でお話ししました。
復興を進めるのに一番欠かせないのは、住民が揃って会議に出て議論し、町の将来をどうするか、早く決めることだそうです。
裁判が進まないようにみんなの意見を聞いていると遅れる。当たり前ですが、難しいようです。
また、高野さんとお話ししていても感じたことですが、避難する場所の確保、移動の手段、など地域連携が非常に大切だと感じています。
防災は様々な意味において地域のつながりに負うところがあるようです。

新着情報一覧へ