プロジェクト概要

 

 


このプロジェクトに対し、今までたくさんの方にご支援をいただき
まずこの場で改めて深くお礼申し上げます。

 

達成に向け新たなリターンを考えてみました。
詳しくは新着情報をごらんくださいませ!


特に野菜ソムリエ貸切♪♪♪はなかなかユニークですよ!

最後まで、ではありません。
このプロジェクトがちゃんとスタートラインに立つために
皆様の熱いご支援をよろしくお願いいたします\(^o^)/

公民館カフェ「やしろのカフェ寄り処」は新聞・テレビなど多数紹介されました!

 

 

このページをご覧いただきありがとうございます。はじめまして!安藤文江と申します。

私は今年3月末までの3年間、倉吉市役所の非常勤嘱託職員「集落支援員」として、父・祖父が生まれ育った鳥取県倉吉市の社地区で、地域の課題解決とその支援に取り組んできました。地域おこし協力隊に比べ知名度の低い仕事ですが取り組みはよく似ており、地域活性化において重要な役割を担っています。

「地域おこしは人おこし」
それを信念として集落支援員として様々な活動を行ってきた中でも、一番力を入れていた活動が公民館カフェの開催でした。毎月1回、地区公民館を会場として平成28年8月から活動を開始しましたが、3度目の開催の2日後、鳥取県中部地震が発生。社地区公民館建屋も大きな被害を受け、使用不能となってしまいました。

修復に3ヶ月を要し、29年2月には公民館カフェも再開することができましたが、
今年3月、私自身の契約期間満了による退任と同時期に諸々の事情が重なり、公民館カフェ「やしろのカフェ寄り処」は、終了となってしまいました。

最後のカフェで70名以上の参加者の前で挨拶をしたとき、私はこう言いました。
 

公民館での開催は今日で終わります。
私は退任するけれど、これからは支援員としてでなく個人として

みなさんが本当に楽しみにしてくれたこのカフェを、
様々なチャレンジを実現できる「集いの場所」をきっとやしろに作ります!


言い終わると同時に、沸き起こった歓声と大きな拍手は今も耳に残っています。
住民の皆さんの前で交わした大切な約束を果たしたい!それがこのプロジェクトなのです。


 

倉吉市社地区は農村部や住宅地が混在する18集落で構成された地域です。高齢化率は30%を超え、「準限界集落」は農村部を中心に9集落となっています。

多くの史跡と6つの窯元を有する史跡と陶芸のまち「やしろ」。自然はもちろん、黒ぼくの大地で育まれる農産物も豊かな地域です。その豊かな資源の積極的な活用がなされないまま、地域活性化について住民主体の活動や取組みが立ち上がることもなく、高齢化が進み地域が希薄化していく。私にはそう見えました。
その流れを打破し、いかにして住民の意識を起こしていくかを考えたとき、まず人が集う機会を多く作ることだ!と思ったのです。

そんな意図で始めた公民館カフェ。継続は力なり、震災後に復活した頃、少しずつ嬉しい変化が現れてきました。

地区内にある農業高等学校や障がい者就労支援施設からの希望で、それぞれ販売実習を行って住民と交流したり、老人クラブとのコラボ開催、映画上映会、歌声喫茶
社交ダンス教室や大人の読み聞かせ、独学で学んだ楽器の演奏の披露など・・。

こんなのどうかな?カフェでやってもいいかな?
そんな希望や要望が次々と寄せられるようになり、
「みんなのチャレンジを実現できる場所」として認知されてきたのです。

カフェ最終回
最後の公民館カフェの様子。コーラスサークルとバンドサークルのコラボが実現!

 

 

 

今回施設として活用するのは、国の史跡に指定され地域の住民から「歴史公園」として親しまれている、【伯耆国分寺跡】のすぐ南隣に位置する、進む高齢化の中で空き家となっていた民家です。(画像の印の位置)

 

国分寺跡
歴史公園として親しまれている史跡・伯耆国分寺跡。グランドゴルフの他毎年の夏祭りも行われている。
看板
歴史公園入り口に設置された看板

 

彩菜家予定建物
一度はデイサービス施設として活用されたが、その後数年放置されていた空き家


幸いこの建物は震災での大きな被害はなく、内壁のヒビなど軽度のもので済み
耐震性にも問題はありませんでした。ですが時間の経過とともに土壁の粉が落ちたりして、修復が必要な箇所もあります。

 

washitsu
コミュニティスペースとして活用予定の和室続き間
 
 

 

washitsu2
和室の土壁にこうしたヒビや剥がれが多数あります。

 

キッチンとリビングをコミュニティカフェとして飲食店営業の許可を取得するためには、厨房とホールを仕切るためのカウンターや天壁、手洗い設備の設置、消防法などで設置が義務付けられている各種設備など改修費用がかかります。

現在のキッチン
この春修学旅行民泊を受け入れたキッチン。ホールスペースはDIYで整備予定。
和室縁側窓
和室の縁側のサッシ。古い建物を楽しく魅せる工夫も少しずつ、できる範囲で始めています。

 

 

 

新しいこの集いの場に、私は「彩菜家(さいさいや)」という名前をつけました。
みんながさいさい(再再)何度も来たくなる家にしたいから。そして自然栽培で育てた野菜で、身体に優しいメニューを提供する「彩り豊かな野菜の家」でもあるのです。
 

自然菜園の大根
独学で勉強中の自然栽培。雑草の生い茂る中でも大根が立派に育っています。


2階にある洋室2部屋を使ってゲストハウスにも活用したいとも考えています!
ゲストにやしろの史跡めぐりや陶芸体験、地元住民との交流はもちろん、農業・自然栽培を育苗・播種から収穫に至るまで体験し楽しんでほしいのです。
どこにでもある観光農園で「収穫」だけを体験するのではなく、「作る」体験をしてこそ、大地の恵みに心から感謝する気持ちも生まれるのではないでしょうか。
 

すでに、徒歩50mの場所に畑も借りています。6アール強の彩菜家ファームでは、初年度特別価格で収穫物の1アールオーナーも募集し自然栽培と様々な体験を満喫してもらえるように考えています。
 

自然菜園予定地
数年耕作放棄されていた畑。ここでみんなで野菜を育てたい!!

 

 

 

まず手始めに、コミュニティスペース&カフェとしてスタートを切り、どんどん進化を続けていくつもりです。このプロジェクトのスタート資金として以下の通り 合計120万円を見込んでいます。

----------------------------------------------------------------

①厨房改造費・・・約100万円(見積り済み)

(業者に依頼し、キッチンを飲食店営業許可基準に沿ったものに改装する費用)

②厨房備品及び内装補修材料費・・・約20万円

 内訳 不足する厨房備品購入8万円(炊飯器・冷凍庫等)

    内装(リビング・和室)補修用工具類5万円

    内装(リビンク・和室)補修用材料費7万円

---------------------------------------------------------------

 

コミュニティスペースでは介護予防に有効な運動などの高齢者向けの催しや
住民が得意なことを教え合う教室、こども食堂の実施などを予定しています。

カフェの風景
地区内の介護施設のお年寄りも職員さんと一緒にカフェをお出かけ場所として楽しんでくれていました。

 

私は倉吉にUターン後7年間父の介護と仕事を両立し、その後自分も療養生活となり蓄えも使い果たし、すべての資金を賄えるほどの余裕がありません。でも、どうしてもみんなとの約束を1日も早く果たしたい!その資金を集めるために今回クラウドファンディングに挑戦することにしました。
今回は業者さんに依頼予定の厨房改造費100万円のご支援を集めることを目標にしています。
 

 

ご支援をいただける様々な方に喜んでいただけるよう、リターンの種類と内容を一生懸命考えました。

-------------------------------------------------------------------------

※ご支援いただいたすべての方に、オープンをお知らせするお礼の手紙をお送りします。

※カフェグッズセットの内容はコルクコースター1枚とウッドスプーン1本のセットです。私がウッドバーニングで手書きで、猫の絵とご希望のお名前を丁寧にお入れします。

カフェセット
一つ一つ、丁寧に手書きしてお届けします♪


【3,000円】コース オープン告知のお礼のお手紙のみ(制限なし)
【5,000円】コース 手作りカフェグッズセット1セット(制限なし)

【10,000円】コース やしろの特産品候補生セット(制限なし)

  カフェグッズセット1セットと、やしろの農産物で作ったラー油・ジャムなど

  特産品候補生ギフトセットをお送りします。

【10,000円】コース 彩菜家でまったりセット(制限なし)

  カフェグッズセット1セットと、彩菜家で提供するすべてのサービス・商品で

  ご利用いただける金券7,000円分(有効期限なし)を進呈します。

【30,000円】コース やしろ彩菜家満喫セット①(限定10)

  1.カフェグッズセット2セット

  2.やしろの農産物で作ったラー油・ジャムなど特産品候補生ギフト1セット

  3.やしろで育った野菜果物の詰め合わせを2セットお送りします。

  ※野菜果物の2セット目は来年夏、鳥取特産のすいかをお送りする予定です。

【30,000円】コース やしろ彩菜家満喫セット②(制限なし)

  1.カフェグッスセット2セット

  2.彩菜家で提供するすべてのサービス・商品でご利用いただける

   金券20,000円分(有効期限なし)を進呈します。

【30,000円】コース やしろ体験満喫1名様分セット(制限なし)

  1.カフェグッズセット1セット

  2.2泊3日(食事付き)でお泊りいただき、彩菜家を拠点として自然栽培、

   陶芸、史跡巡りなど「やしろ」を体験していただくメニュー1名様分

  ※体験日程はご支援者様の都合と農作業などを考慮して協議の上決定します。

【50,000円】コース やしろ体験満喫2名様分セット(制限なし)

  1.カフェグッズセット2セット

  2.2泊3日(食事付き)でお泊りいただき、彩菜家を拠点として自然栽培、

   陶芸、史跡巡りなど「やしろ」を体験していただくメニュー2名様分

  ※体験日程はご支援者様の都合と農作業などを考慮して協議の上決定します。

【100,000円】自然栽培野菜1アールオーナー権(限定4)

  [オーナー期間]30年12月から翌年12月末までの1年1ヶ月間

 ※彩菜家ファームで始める自然菜園の1アール分の収穫物の権利です。

  菜園1アールを区画し、お名前の看板を付けて管理します。期間中10日分 

 (お一人様)の体験指導料及び菜園管理料、年3回の収穫物発送料を含みま

  す。自然栽培に興味をお持ちの方、農業での体験移住をお考えのかたにオス

  スメ!初年度特別価格でお届けするプランとなります。

 

長くなりましたが最後に、もう一つだけ聞いてください。

 

私は公民館カフェの開始と同時に、石川県七尾市の御祓川大学で開催されたスーパー公務員講座を私費で受講し、憧れの元スーパー公務員・ローマ法王に米を送った男として有名な高野誠鮮先生の指導を受けてきました。


人が集う機会を増やす→住民の意識を起こす→「生きがい」としてのコミュニティビジネス起業「一番小さな準限界集落の公民館を直売所にする」プロジェクト

講座の間に起きた震災を乗り越えながら七尾に通い、その計画の中できることから実行に移している私を、高野先生を始め御祓川大学・受講生の皆さんにも応援してもらいました。高野先生からは、きっと一度応援に行くからという嬉しいお約束をいただきました。

倉吉市社地区で「ふみちゃん」と慕い応援してくださった住民の皆さん
カフェに協力してくれたスタッフのみんな
支援員としての活動をフォローしてくださった倉吉市役所の皆さん
そして高野先生始め、スーパー公務員講座で出会った皆さん

そのみんなの気持ちに応えるためにも、私は前に進み続けたい!

 

どうか、皆さんのご支援・お力添えをよろしくお願いいたします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本プロジェクトは 2018/11/30までに
コミュニティカフェ&コミュニティースペースをオープンしたことをもって
プロジェクト完了となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


最新の新着情報