READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

【大学生の初挑戦】コロナ禍の今、夢を届けられる個展を開催したい!

Makomo&Shamo

Makomo&Shamo

【大学生の初挑戦】コロナ禍の今、夢を届けられる個展を開催したい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

30,000

目標金額 130,000円

支援者
6人
募集終了日
2021年11月6日
募集は終了しました
1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1人がお気に入りしています

プロジェクト本文



▼自己紹介

皆様、初めまして!MakomoとShamoです★

 

お忙しい中、サイトを見てくださり、ありがとうございます!

 


このプロジェクトは、

いたって普通の大学生2人が立ち上げ、夢の実現に向けて頑張っております♪

まずは、それぞれのプロフィールです。

 

↓↓

*Makomo*

皆様はじめまして!

Makomo(髙田真子)と申します。

 

私は、大学三年生で、現在は法律を専攻しております。

この度はお忙しい中、このサイトにアクセスいただきありがとうございます!

 

Makoプロフィール写真


私は大学2年生の夏頃に直面したある経験

詳しくは「立ち上げたきっかけ」へ★)を境に、

 

「自分らしく生きること」

「夢を持つこと」

「出会いを広げること」の大切さを

 

イベントを通して子供たちに伝える活動を行っております。

絵を描くこと・観ることが大好きで、細々とアート活動も行っております。

 

 

 

 

*Shamo*

皆様、初めまして!

Shamoと申します。

 

私は、現在心理学を学ぶ大学4年生です。

 

 

私は、小さい頃から絵が大好きでした。

絵の持つ癒しの力や人を元気にする力に気付いたことがきっかけで、現在では、絵を使った心理的支援について研究しております。

また、ボランティアで子どもたちと工作や、アート活動を行っています。

 

「自由に描くことの楽しさや癒し」

「表現における無限の可能性」を、

 

子どもたちに感じてもらえるよう、日々活動しております。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

突然ですが、皆さんには「夢」ありますか?

 

子どもの頃は、

 

「野球選手になりたい!」

「アイドルになりたい!」など

 

キラキラした夢を誰しも描いたものです。

 

しかし、大人になって現実を知り、社会を知り、「夢」が何か分からなくなっている人が多いのではないでしょうか。

 

マクロミルが2018年に新成人に「夢」について調査したところ、約半数以上の新成人が「将来の夢を持っていない」ことが分かりました。 

 

引用:将来の夢がある新成人、過去最低の54% リセマム

 

また内閣府(2014)の調査によると、諸外国に比べ、日本の若者は将来への希望がなく、社会問題への関与や、自らコミュニティを広げようとすることをしない傾向にあるそうです。 

 

特にコロナウイルスが蔓延して以降、

就職氷河期の再来、オンライン授業で自宅にこもりっきり、度重なるイベントの中止など、

「若者がやりたいことをのびのびと実現できない」時代になってしまいました。

 

 

実際に私たちも、

コロナ禍で一度「自分自身」を見失い、

苦しい思いを経験しました。

 

 

コロナ禍によって「自分自身」を見失ってしまった過去

<Makomoの場合>

新型コロナウイルスの感染拡大が問題になった当時、私は大学2年生なりたてでした。

楽しかった大学生活は、コロナで一変

 

授業もゼミも、オンライン授業。

熱を注いでいたサークル活動も、活動中止。

外出する手段は買い物とバイトのみ。

おまけに私は一人暮らしだったので、誰かと本音で話す機会は、

たまに電話をかけてくれる母だけでした。

 

私は人と接することが大好きだったので、

1人暗い部屋にこもりっきりの生活はとても辛く、

一時は重度のホームシック状態になってしまいました。

 

 

やりたかったことも、やりがいだったことも、できない。

かといって、新しくやりたいことも見つからない。

 

どんどん腐っていく自分が情けなくて嫌になる…

 

将来の夢も希望も、自分自身も見失いかけていました。

 

今思えば、

この経験が、人生史上一番つらい時期だったと思います。

 

 

 

<Shamoの場合>

新型コロナウイルスが蔓延した当時、私の場合は大学3年生でした。

 

慣れないオンライン授業に加え、

大量の必修授業、実習にをこなさなければならず、

そのストレスで心を壊してしまいました。

 

パソコンと向き合い、ただ大量の課題をこなす日々。

まるで機械のような生活に、「自分らしく生きている」という実感が湧かなくなり、

 

「何のために生きているのか」分からなくなってしまいました。

 

 

元々内気な性格で、新しいコミュニティに属することが苦手な上に、

コロナ禍で人との交流が減ってしまったため、

自分の殻にどんどん入るようになってしまい、

 

「自分が世界の中で1人ぼっち」であるような感覚に陥いるようになりました。

 

 

様々な「出会い」をきっかけに

「夢を追い続ける」自分へ。

毎日が暗く、生きがいのない日々。

そんな中で、私たちの人生を大きく変える出会いがありました。

 

<Makomoの場合>

大学2年生の秋。

ある女子大生が主催していたイベントに参加したときのことです。

彼女は私と同級生でしたが、当時の私とは違い、

とても生き生きとしていて、輝いて見えました。

 

そんな彼女は、今でも輝き続けています。

 

 

輝き続けている理由。

 

それは、「」や「やりたいこと」を持っているからだと思います。

 

 

当時の私には、彼女のように

「夢」もなかったですし、自信を持って言えることなんて何一つなかった。

 

だからこそ、夢に向かって奮闘し、やりたいことを実現する彼女が

とてもカッコよくて、羨ましかったです。

 

彼女に少しでも近づきたい。

私も「キラキラした人」になりたい。

 

そんな思いの中で、

出会ったのは子ども食堂でした。

子ども食堂に出会って早2年。

現在では渋谷区を中心に3つの子ども食堂の運営をするまでに成長しました。

 

これらの活動を通じて、学んだことがあります。

 

それは、

 

「たくさんの人と出会い、自分の知らない世界を知ること」

「自分らしく、まずはやりたいことをやってみること」

 

です。

 

 

現に私は、彼女を始め、沢山の方との出会いをきっかけに、

多様な価値観の発見や、新たなご縁やチャンスを頂き、大きく成長できました。 

 

そして、

 

「どんなにくだらないことでも、まずはやってみる勇気」を持ち、実現を重ねていくことで、

絶対に叶えたい大きな夢に出会うことができました。

 

今は、

辛かった当時がまるで嘘だったかのように、

毎日が生き生きとしていて、とても楽しいです。

 

 

<Shamoの場合>

大学4年生。新学期が始まったものの、まだオンライン授業は続行していました。

 

「去年のような暗い一年を過ごしたくない…」

そう思った私は、たまたま学校で募集していたボランティアに、

友達と何となく参加してみました。

 

それが「子ども食堂」でした。

元々子どもが大好きだった私にとって、子ども食堂のボランティアは、とても楽しいものでした。

また、個性的なバックグラウンドを持っているスタッフさんたちと関わることで、それまでの「私の小さな世界」が大きく開けていく感覚がしました

 

 

子ども食堂を通して、一気に人脈が広がり、様々な方とお話する機会が増えました。

多様な生き方に触れることで、今まで普通だと感じていた常識や、価値観が壊れ、

 

「私ももっと、世間の常識や、

周りの目を気にせずに自分らしく生きたい

感じるようになりました。



新たな出会い。

「個展を開きたい!」という

共通する夢への実現

私たちは偶然、子ども食堂で出会いました。

 

仲良くなる中で、私たちには

 

「自分たちの絵をもっとたくさんの人に見てもらいたい。」

「アートの力で、たくさんの人を元気にしたい。」

 

という、共通の夢があることが分かりました。

 

 

また、コロナ禍での辛い経験を共有し合う中で、

私たちと同じように、大学生は「夢や希望を閉ざされているのではないか。」と思うように

なりました。

 

そこで、互いの得意分野であるアートの力を使って、個展を開くことに決めました。

 

 

美大生でもなく、個展を開いた経験のない私たちが、

「夢の第一歩」として、個展を行うことで、

今、夢をあきらめかけている人や苦しい思いをしている人たちに

「踏み出す一歩」を与えられるのではないかと考えました。

 

しかしながら、私たちはまだ大学生。

個展を実現させるためには、まだまだ金銭的な余裕がない状態です。

 

どうか、このメッセージに共感いただけましたら、

未来ある大学生たちに一歩踏み出す勇気を与えるため、

個展を開くための、ご支援をいただけますと幸いです。



個展タイトル

「青い夢」について

今回の個展のタイトル「青い夢」についてご紹介します。

 

まず、「青い」について。

 

「青い」には、色の青いだけではなく、

「技能や経験が未熟である」という意味もあります。

 

私たちは大学生。世間的に見れば、

「社会に出ていない未熟な存在」です。

 

しかし「青い」私たちだからこそ、

世間の常識や小さな価値観に縛られることなく、

自由に夢を描き、表現することが出来る。

 

また、「青い」私たちだからこそ、

コロナ禍で私たちと同じように、人とのつながりや夢を失いかけた大学生たちの気持ちを等身大で理解し、同じ目線に立って、「踏み出す勇気やきっかけを与えられる」と感じました。

 

 

未熟だからこそ、何者にでもなれる。

私たちにはまだまだ無限の可能性を秘めている。

 

 

それを体現するため、私たちは「青い夢」と名付けました。

 

 

ストーリー

舞台は、全ての物が青色でできている「青の国」です。

青の国に住む住人は、青の国で生まれ、育ち、一生を終えます。

何千年もそのような暮らしをしてきたので、

住人たちは青の国以外に様々な世界があることを知らないどころか、

青以外の色が存在しているなんて夢にも思いません。

 

この物語は、そんな「青の国」で生まれた2人の兄弟の物語。

 

ある日、兄弟が遊んでいると、虹色の羽が1枚ひらひらと落ちてきます。

この日を境に彼らは、世界には「青の国」以外にも様々な国があることに気付きます。

 

 

「もっと他の世界を知りたい!」

 

 

そう思った彼らは、周囲の反対を押し切って旅に出ます。

様々な国の住人と出会ううちに、彼らの中の「自分の世界」がどんどん広がっていきます。

旅のお土産を持った彼らは、青の国に帰りますが、ある奇跡が起こって…

 

 

個展の構成・展望

~一つの物語の世界へ誘う、

新感覚の個展~

絵を観覧するうちに物語が展開していく、

一般的な個展とは一味違った、新感覚の個展を開催したいと考えております。

 

またギャラリーから出た時に、

 

「あんなことに挑戦してみようかな」

「自分らしさって何だろう?」

「外に出て、色んな色の人に会いたくなってきた!」

 

と思っていただけるような、

「自分らしく輝いて生きたい」と願う全ての人に向けて

「ちょっぴり勇気が湧いてくる」温かい個展にしたいです。

 

 

予算の内約

クラウドファンディングで頂いたお金は、

全て個展に必要な経費に使用させていただきます。

内約は以下の通りになります。

 

・ギャラリーレンタル代 30000-40000円

・画材代(絵具、キャンバス) 30000円

・アクセサリー製作費 30000円

・ポスターカード製作費 30000円

 

 

▼最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

 

どうか私たち大学生の「青い夢」を実現させられるよう、何卒皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

Makomo&Shamo

 

 

プロジェクト実行責任者:
髙田真子
プロジェクト実施完了日:
2022/01/10

注意事項

プロジェクト概要と集めた資金の使途

今年12月(日程未定)に、大学生主催のアート個展「青い夢。」を開催する。 賃金は、開催に当たっての施設費用・絵画制作費用・商品制作費用・広告費に使用する。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差は、自己資金で補填の予定です。

プロフィール

リターン

2,000


お礼メール

お礼メール

活動報告書と共に、感謝のメールをお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

3,000


原画ポストカード1枚(ランダム)プレゼント★

原画ポストカード1枚(ランダム)プレゼント★

報告書・お礼メールと共に、個展で展示した原画のポスターカードを1枚プレゼントいたします♪(ランダムになります)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

5,000


原画ポストカード2枚(ランダム)プレゼント★

原画ポストカード2枚(ランダム)プレゼント★

報告書・お礼メールと共に、個展で展示した原画のポスターカードを2枚、プレゼントいたします♪(ランダムになります)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

10,000


【オススメ】選べる!原画ポストカード3枚orハンドメイドアクセサリー1点プレゼント★

【オススメ】選べる!原画ポストカード3枚orハンドメイドアクセサリー1点プレゼント★

①お礼のお手紙(直筆)をお送りいたします。
②お好きな原画ポスターカード3枚orハンドメイドアクセサリー(ランダム)のいずれか一方をお選びください。
お好きな原画ポスターカードの選択等は、メールにてご対応させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

30,000


【大感謝】一つの絵本になる!原画ポスターカード全セットorハンドメイドアクセサリー(オーダーで承ります★)

【大感謝】一つの絵本になる!原画ポスターカード全セットorハンドメイドアクセサリー(オーダーで承ります★)

①感謝のお手紙をお送りさせていただきます。
②原画ポスターカード全セット、または、ハンドメイドアクセサリー(オーダーで承ります)のいずれか一方をお選びください。

★原画ポスターカードセット★
個展で展示した原画のポストカードを全種類、お送りさせていただきます。すべてのポストカードを順番に並べると、一つのストーリー(絵本)が完成します。
「個展に足を運ぶのが難しい方」
「絵本が好きな方」
「手元に作品を残しておきたい方」
にとてもオススメのリターンとなっております★

★ハンドメイドアクセサリー(オーダー)★
個展で販売予定のハンドメイドアクセサリーを、オーダーでお作りいたします。
ネックレス・マスクチェーン・指輪からお選びいただけます。
メールにてヒアリングを行い、お好きな配色やご希望のイメージに沿った「お客様だけのアクセサリー」を、心を込めてお作りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

東京二期会|オペラ歌手とお客様が出会う、最高の舞台をこれからも。

公益財団法人東京二期会公益財団法人東京二期会

#音楽

8%
現在
825,000円
支援者
35人
残り
52日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする