私が2005年くらいから、1人で活動開始した「明治生まれの人の取材活動」。

 

31人を取材する事が出来、「明治・大正・昭和・平成」の世を共に生きていて下さった約1世紀を生きた方々の生の声を、一人でも多くの人にお届けしたいと思い、今回書籍出版の応援を戴ける方を募ろうと思い立ちました。

 

「日本の古き良き時代を後世に伝えて行きたい。」

「時代はもの凄いスピードで変わり続けていますが、それが本当に良かったんだか、悪かったんだかねぇ・・・」

と深みのある生きた言葉等。

 

日本は高齢化社会に突入していますが、人生100年時代を本当の意味で幸せに生きるヒントが満載です。

 

例えば・・・

「年寄りにはもう必要なものはございません、ですが只一つ必要なものがございます。それは、家族の愛情です。」

 

そんな、シンプルで深い、正に100年を生きたからこその言葉の数々を是非多くの方に知っていただきたいです。

 

読んだ後に、心洗われる気持ち、気持ちがスッと楽になるような勇気や元気も貰える、、、そんな書籍になりそうでワクワクしています。

 

どうぞ応援、よろしくお願い致します。

 

2017,10,13  林さゆり