歌うメッセンジャー、綿引ゆうです。

改めまして、プロフィール紹介させていただきますね。

 

<プロフィール>
綿引 ゆう

 

神奈川県横浜市出身、茨城県在住。ピアノ弾き語りミュージシャンとして活動 中。

 

ピアノや合唱、幼い頃から彼女の身近にはいつも音楽があった。 北鎌倉女子学園高等学校音楽科で声楽を学び、昭和音楽芸術学院ミュージカル科 を卒業。 決められた型に自分をはめるクラシックの世界を窮屈に感じていたとき、出会っ たのがJAZZだった。 「好きな曲を、自分らしく歌いたい」そんな想いを受け止めてくれたJAZZ。 キーも、アレンジも、自由に楽しめる音楽と出会ったことで、歌う楽しさを改め て実感した。

 

そして2014年、ピアノ弾き語りという新しい世界との出会い-。 自分で弾き、自分で歌うからこそ表現できる、一体感ある音楽がそこにはあっ た。 繊細な感情の揺れや溢れる高揚感を、自由なアレンジにのせて伝えられる楽し さ。
「これが、一番私らしい音楽のスタイル」そう感じた。

 

うっとりと聞き惚れるような美しい旋律、 はっと息を飲むような鮮烈なテクニック、 ピアニストの奏でる音楽は、それだけで聴く人の心を震わす。

しかし、綿引ゆうのピアノは、彼女自身の歌声というパートーナーを得てはじめ てのびやかに、軽やかに、いきいきと駆けはじめる。 ボーカルとピアノの、共鳴。

たとえ一流のピアニストによる伴奏でも、
彼女の歌声と、これほどまでに心地よく響きあうことはできないだろう。

歌声がピアノに生命を吹き込み、 ピアノが歌声に輝きをあたえる。

オーダーメイドを着るように、すとんと心にはまったピアノ弾き語りというスタ イル。
歌い、弾き、想いを届けることで、 彼女の紡ぐ音楽は、より豊かな表現力を手に入れ、進化を続ける。

 

現在は、ライブハウスやレストランなどでの弾き語りソロLIVE、 saxとのデュオなど、茨城・東京を中心に活動中。 そして2016年、お気に入りの曲を集めた初のピアノ弾き語りミニアルバムをリリ ースする。

心に沁みる、透き通るような歌声。
優しさと力強さを内包した、伸びやかな歌声。
エンジェルボイスとも言われた歌声は、優しく耳に届き、幸福なひとときを与えてくれる。

「自分の好きな音楽を、自分らしい表現で、聴く人すべてに贈りたい」 ”歌うメッセンジャー”綿引ゆうの音楽には、そんな想いが込められている。 

新着情報一覧へ