クラウドファンディングを公開してから1か月ちょっとが過ぎました。

多くの皆様にご訪問、ご支援をして頂き60%を超えることが出来ました。

ご支援してくださった皆様のためにも、座間FCの選手ためにも気を引き締めて頑張ってまいります。

 

8/3~6まで、草津遠征に1.2年生で行ってきました。

遠征では、心と体をタフにすること、いままでの基準を変えることを目指しました。

心と体をタフにするとは、精神力(自分で自分をコントロールする力)の向上で痛いや辛い,疲れなどでも、自分の100%手前で抑えない事やチームにプラスを与える選手になる事です。

2年生は2年目の夏ということもあり、タフに戦っていたと思います。しかし、1年生はまだまだ自分に負けてしまう選手が多くみられました。

 

いままでの基準の変えるとは、3泊4日を共に過ごすことで他人と自分を比較して、日常での行動の差を体感することにより、良い日常を手に入れる事です。

食事の量や時間設定(寝る時間や自由時間の過ごし方)をお互いに感じることで、遠征前の良くなかった部分を改善して欲しいと思います。

宿舎の過ごし方も最初に廊下や階段の歩き方で注意をしましたが、それ以降は自分たちで、意識をして取り組んでいました。

2年生は、1年生への目配り、気配りもできていました。

1年生は、2年生の言動に耳を傾け、考えて行動していました。

スタッフから見てもよくやっていたと思います。

 

遠征は大きなきっかけの場であり、良いことを継続することが大切なので、これからの日常を意識して過ごして欲しいものです。

新着情報一覧へ