このプロジェクトを始めて19日が経過しました。私たちの活動に現在参加されている方や、遠くから活動を見守ってくださる方々からのご支援や応援メッセージに心温まる思いです。残り11日、一人でも多くの方々にこのプロジェクトを知ってもらえるよう頑張ってまいります!

 

 私どもは、ここ福島県郡山市で子育て支援を始めて12年が経とうとしています。その時その時に子ども達やお母さん達に必要なことは何だろうとニーズを図りながら活動を続けてきました。10年前は、親子で集える場所が少なくてこのひろばを設立し、今に至っています。また、震災後は、子ども達が屋内で遊ぶことが多く、それぞれの年齢に必要な外の遊びを経験しないまま就園、就学を迎えてしまうことに危機感を覚え、ひろばにサンルームを設立し砂場を設置しました。

砂の感触、砂を使っての創造遊び、お友達同士での道具の貸し借り、この砂場で、たくさんの子ども達が「はじめて」の体験をしてくれました。
この砂場では、夏休みや冬休みには、小さいお子さんだけでなく小学生も利用し、砂場のトンネルづくりや泥団子づくりなどを体験しました。


 

 そして、現在、「走る」「投げる」「とぶ」など基本的動作の習得や健康的な心身の発達の必要性を感じています。幼少時期から楽しく親子で学べる講座やイベントを定期的に開催していきたいと考えています。

ぜひ、そのための器具の購入の支援をみなさまお願いいたします。

新着情報一覧へ