皆さんのご支援、そして心温まるコメントをいただきましてありがとうございます。スタッフ一同全力で頑張ります。

 

毎週土曜日は発達に不安を抱えるお子さんの為の教室の日です。はじめに運動を取り入れ、そのあとはそれぞれの課題に取り組みます。動きにぎこちなさがあるからだけではなく、最初に運動を取り入れることによってそのあとの学習や課題の指示が通りやすいということを実感しています。ストレスを抱えやすいお子さん、衝動性が高いお子さん等、特性は様々ですが、運動はそれらを発散する効果があります。発散できれば次のプログラムがスムーズになるというわけです。

教室に参加している子ども達は3歳~12歳までを対象にしていますが、継続して現在17歳までのお子さんが参加しています。運動能力の取得を目的としているお子さんから、言葉での感情表現が難しく激しい動きによってヘルプサインを表してくるお子さん、集団での運動を通して円滑なコミュニケーションを学ぶお子さんまで、「運動する」ことの目的は様々ですが、その個々に応じて運動教具を選択、活用していきたいと考えています。

今回購入したいと考えている「だるま落とし」も、一見遊び道具のように思えますが、力の加減や発散、順番に使用するなど多種多様な使い方ができます。

プロジェクト終了まであと4日となりました。教室の参加者の方々からも支援をいただき、上記の他にも平均台やバランスボードなどの教具を使って教室ができることを楽しみにしているお子さんや保護者の方々も多くいらっしゃいます。

達成まであと少し、皆様のご協力をお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ