いろいろなイベントを開催する中で、どうしても活動の輪に入れなかったり行動に移せないお子さんもいます。知らない場所、いつもと違うお友達と過ごす時間なので不安は当たり前です。一緒に来た保護者の方はせっかく来たのにもったいないと言い、手を引いたり、話して聞かせたり、様々です。そんなとき、私たちはまず目線を合わせ、「やらなくてもいいんだよ」と声を掛けます。

場所に慣れ、人に慣れ、楽しいプログラムを見ているうちに自然に身体が動き出す、そんな瞬間に立ち会えた時は嬉しくて飛び跳ねたいような気持ちになります。しかしそれはお子さんにとって心躍る活動であるならば・・・です。そのためにも私たちはアンテナを高く保ち、スキルアップを怠ってはいけないと思うのです。そのための定期的なスタッフ研修や講習会を実施し、情報を共有しています。今、目の前にいるお子さんは何をしたいのか、心の声に気持ちを傾けることは「その子」との信頼関係を築く第一歩と考えています。

今回購入を考えている運動器具があったらどんなプログラムにしようか、きっとカラフルで楽しい時間になるんだろうな…と今からわくわくしています。

 

残り2日、皆さんのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

新着情報一覧へ