トンガ王国、保健省歯科室は首都のヌクアロファにあります。歯科医師は約8名、歯科セラピスト約20名その他ドライバー等が10名弱の方々がトンガ国民の為に働いています。

 その中で、地域で歯科保健活動する為、マリマリチームが中心となり幼稚園、小学校、中高校、職場へと出かけています。

 チームの責任者は歯科医師のシシリアさんです。ニュージーランドの大学の歯学部を卒業し、トンガで数年間仕事した後、日本に8年間留学していました。帰国後、日本での経験からマリマリプログラムの責任者として働き、現在プロジェクトの中心となりトンガの人々のために活躍しています。

マリマリチームはトンガタプ本島では西と東に分かれて2チーム、離島のエウア島、ハーパイ諸島、ババウ諸島、ニューアス諸島の全部で6チームがあります。このチームが幼稚園、小学校へ週単位で訪問しています。幼稚園へは数ヶ月に一度、訪問し紙芝居、健診、保健指導等を行っています。

マリマリプログラムとはトンガ語で笑顔のプログラムです。歯科医師は子供の治療を行う時に子供の泣く姿を見ながら治療しなければいけない時があり、かわいそうな思いをしながら治療にあたります。でもこのプログラムを行えば子供が泣く事が少なくなるということに気づき笑顔になることができるこのプログラムが大好きと思いこの名前を付けました。ぜひマリマリプログラムを応援してください。よろしくお願いします!“

 

tonga 歯科室の皆さんと南太平洋医療隊員

アマナキ歯科部長から 

ご支援よろしくお願いします!

 

オーラルフェスティバルマリマリチームと南太平洋医療隊の隊員

歯科健診の様子:シシリア歯科医師とプロジェクトマネージャー河村サユリ

シシリア先生からマリマリプログラムを応援してください!

 

                      2016年11月18日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ