B1e23fb58678f4dade2e30c5db1eba359b322816


9月6日、7日の2日間、アパレル展示会「rooms EXPERIENCE 35」にて、サロジさんとロージィさんが、バイヤーのみなさんに向けて、トークイベントをしました。

オーガニック&フェアトレードなものづくりによって、どのように女性の生活が変わったのかを実体験で語り、クリエイティブ・ハンディクラフトのさまざまな支援プロジェクトを続けるためにもバイヤーさんにオーガニックやフェアトレードの商品を選んでもらいたい!と訴えました。

ロージィさんの名言。「男性が教育を受けると、彼の人生が変わる。女性が教育を受けると、社会が変わる」

基調講演には、ファッションジャーナリストの生駒芳子さんにご登壇いただき、「物から物語へ」消費の仕方が世界的に変わってきているというトレンドや、国内フェアトレードともいえる、日本の職人さんを支援するご自身の活動についてお話いただきました。
 
アパレル展示会では、バイヤーさんはたくさんのブースで商品を見るため急ぎ足で会場を歩き回っています。
当初は30分のトークを一日2回ずつ行う予定でしたが、バイヤーさんたちに30分の時間を割いていただくのは至難の技!そこで2日目の朝は予定を変更してサロジさん、ロージィさん自らがピープルツリーのブース内でお客様に話しかけることに。

過酷な家庭環境から自力で道を切り開いたロージィさんは、さすがに物怖じせずどんどんバイヤーさんに声をかけてブースに引き込んでいました。
新着情報一覧へ