プロジェクト概要

 

トロンボーンと出会って40年、日頃の感謝をこめて無料ライブを開催したい!

 

はじめまして、槇野幸広と申します。 私は小学校6年生の時にトロンボーンを薦められ、それ以来音楽の道を歩んできました。歯のトラブルで楽器を思うように吹けなくなったり、金銭的な理由で音大への道を諦めることもありましたが、それでも音楽をたのしみ、音楽を続けることができました。

 

最初は教員を目指していましたが、より自由に音楽を楽しみたいとの思いから、警察官拝命を決意してきました。地元宮崎県警察音楽隊に所属し、県内外で演奏・編曲・指導等の音楽活動を行いながら、1st トロンボーン奏者として10年間活動を続けました。

 

すでに他界をしてしまいましたが、親の介護などもあり、警察永年勤続20年を節目に退職し、現在は地元でトロンボーンの演奏・編曲等の音楽活動を通して後進の指導や文化活動を行っています。

 

詳しくは以下URLをご覧ください。

http://mackies.up.seesaa.net/image/E588A5E7B499.pdf

 

トロンボーン仲間

 

せっかくの記念行事、無料でライブを開催したい。

 

これまで、後進の育成を目的に数回のコンサートを開催したり、定期的にライブを行ってきました。ここ数年は年齢的なものもあり、自主的な演奏活動を控え、依頼演奏やイオンモール宮崎内でアイカルチャー主催の年2回の発表会で演奏を行ってきています。
 

この発表会での演奏は、妻の伴奏で二人だけで行うのですが、トロンボーンという特別なジャンルということもあり、また演奏スペースは催事場にもなるような広い場所で、ストリートで演奏しているようなものなので、最初の頃は聴いてくださる方も疎らでした。しかし最近はわざわざ聴きに来てくださる方もいらっしゃって、とても楽しい時間を過ごさせていただいています。

 

ただ、ここ数年は自主ライブを行っていません。トロンボーンと出会って40周年の節目として、これまで発表会などで演奏してきた曲を中心に自主ライブを行うことを決めました。普段だとチケットを聴きに来ていただける方々に購入していただいて演奏するわけですが、生徒さんなどご家族で来ていただいた場合、かなりの負担になります。そのため、今回のライブは無料で開催したいと考えております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
(左)槇野佳子(右)槇野幸広

 

宮崎市内レストラン「solid green」においてライブ開催。

 

今回のライブは、私と妻の二人で演奏を行います。トロンボーンの演奏だけでなく、妻のピアノ、シンセサイザーでの演奏をお届けします。シンセサイザーはあまり馴染みがないと思いますが、かつてYMOが一世を風靡したように、日本が最も得意とする分野です。そのシンセサイザーを駆使して、あらゆるジャンルをリアルに再現します。ジャズ、ボサノバを中心にスタンダードで身近な音楽をお届けしますので、ご期待ください。

 

また、今回は会場として、あえてレストランを選びました。その理由はステージのある壇上ではなく、目線の近いところで音楽を身近に聴いていただきたいのと、夜のライブハウスだと特定の方々を対象になるので、昼間にドリンクとちょっとしたおつまみを頂きながら気軽に聴いていただくためです。

 

【イベント情報】

日時:2017年7月30日(15:00 開演)

会場:レストラン solid green(駐車場:有)

住所:宮崎市船塚2丁目6番地2

電話:0985-22-5600

演奏:トロンボーン(槇野幸広)、ピアノ&Sinth(槇野佳子)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

今回のライブをきっかけに、宮崎から音楽を目指す人を支援したい。

 

地方の宮崎から音楽を目指すと言うことは、無謀に見えます。それでも、目指したい子供たちのためにこれからも支援を行いたいのです。これまで、地元で宮崎市市制80周年記念ロングライブや宮崎トロンボーンフェスティバルの運営など、地域の文化向上に努めてきましたが、継続的な音楽教育の支援の必要性を感じます。

 

長年続いた地元の私学高等学校の音楽科廃止というショッキングなニュースもきっかけになりました。幼少の頃、とてもお世話になった創始者の園長先生のことを考えると胸が締めつけられます。

 

生活に何の役にも立たないと思われがちな音楽、それでも「音楽には力がある」と実感してました。自分を支えてくれたた音楽の素晴らしさ、というより音楽を通じて知った人と人との絆の素晴らしさを伝えたいし、そういった音楽を目指す人達を応援していきたいと考えております。

 

今回の節目のライブを通じて、この無謀とも思える計画を表明して、共感していただける方とともに実行・実現させたいのです。皆様の暖かいご支援・ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

 

槇野佳子

 

お礼状の送付、当日優先してライブにご招待。

 

当然のことながら、お礼状の送付をさせていただきます。 席に限りがございますが、当日聴きにいらしてくださる方には、優先してライブにご招待いたします。(出資者の方で満席になる可能性もございますので、ご予約順となります。)

 


最新の新着情報