こんにちは!いつも温かいご支援ありがとうございます。

日本教員多忙化対策委員会の栗山です。

 

本プロジェクトをご支援頂いた、 Ryo KADOKAWAさんから優しく力強いメッセージをいただきました。ありがとうございます!

 

Ryo KADOKAWA

 

▼本プロジェクトを支援した理由を教えてください。

応援メッセージ入力しようと思ってすっかり遅くなりました!それもこれも忙しすぎるからだ!…いや、嘘です。これは私が筆無精だっただけです。。実は私は忙しすぎても良いと思っています。それが子どもと真剣に向き合うという意味であれば。教員の働き方改革は、楽をするのではなく、正しい忙しさを勝ち取ることがゴールです。このプロジェクトとは、そういうビジョンを共有できそうです。


▼本プロジェクトへの応援メッセージ

ここの欄に100字以上をマストにするあたりが浅谷さんの暑苦しさであり(笑)真剣さの証明だと思います。現場に入ってみて、生半可な働きかけでは動く業界じゃないなと思っています。だからこそ暑苦しく、真剣に世の中に、現場に、働きかけられる存在が必要です。ぜひ、どこまでも暑苦しく頑張って下さい!

==

 

クラウドファンディングは引き続き継続しております。

期間終了まで残り約1時間。最後まで走り切ります!


引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

 

日本教員多忙化対策委員会

栗山

 

▼プロジェクト詳細はこちら