クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

寒さの厳しい冬を過ごす名古屋の野宿者にパンと寝袋を届けたい

ボランティア オアシス

ボランティア オアシス

寒さの厳しい冬を過ごす名古屋の野宿者にパンと寝袋を届けたい
支援総額
859,000

目標 420,000円

支援者
83人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

終了報告を読む


8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2017年12月25日 06:57

ボランティア オアシスと出会って 素晴らしきメンバー 5

 私たちボランティア オアシスのメンバーに通称みかちゃんという毎週温かいスープを作って配っている女性がいます。スープにはたくさんのバリエーションがあって、みそ味、醤油味、コンソメ味、カレー味、キムチ味、…和風、洋風、中華風と工夫しています。

 彼女は敬虔なクリスチャンです。人のことを考えるとても聡明でしっかりした人なんです。

 彼女はスープを配食するとき、いつもほとんど過不足なくぴったり配るのです。私たちは彼女のことを「神がかり的」と呼んでいます。

 どうして彼女は、そんなにぴったり配ることができるのでしょうか?

 あるとき、配食現場にたどり着いた私は、みかちゃんに久しぶりに出会いました。「みかちゃん、おひさしぶり。」と声をかけました。ちょっとそっけなく「こんばんは。」(むむっ、ちょっと不愛想! 笑い)

 それもそのはず、みかちゃんは並んで待っている野宿者の方々の人数を数えながら、真剣に集中してスープを配っていたと思うのです。

 ごめんなさい。これからは、集中して数を数えているときに、声をかけないようにします。

 

みかちゃんからのメッセージ

 わたしは、始めは路上生活者の方々がどんなふうな人なのか分かりませんでした。

 初めてオアシスさんのボランティア活動に参加したとき、したとき、きちんと並び、礼儀正しくて、お礼も言えて、服も崩さず着ていて、それなのに路上で生活していることに驚きました。

 どんな理由で今の状況になったのか分かりませんが、こういう人たちが食べ物に困ったり、寒さに苦しんでいるのに、私は何もせずにいる人間なのかと自問したとき、何か少しでも、できることがあればしたいと強く思いました。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

1,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

3,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

5,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

10,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

20,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

30,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

50,000円(税込)

冬の厳しい寒さと飢えと闘う野宿者の方のために使用させていただきます

■お礼の手紙

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

プロジェクトの相談をする