8fd093c0c7063d02251b77f593eb9e621c4ceb53


【私たちに出来る小さな一歩】

皆さん初めまして。

学生団体ONELIFE 企画局
白百合女子大学 文学部フランス語フランス文学科2年の古川未羽と申します。

この度は私たちの団体のクラウドファンディングのページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

私たちの団体は今、2校目の校舎を建てたいという強い思いを持って活動しています。

私は、初めてカンボジアを訪れ、生活することによって、カンボジアの人々から大切なことをたくさん教えてもらいました。

電車で簡単に何処へでも行けること、毎日温かいお風呂に入れること、水道水が飲めること、トイレがどこでも普通に使えること、家があり、温かい布団で眠れること。私たちが今当たり前に生活しているこの環境は、決して当たり前なことではない、今ある生活に感謝すべきということ教えてくれました。

このような生活が当たり前に送れない人がたくさんいる国カンボジア、そして、地雷が世界一沢山埋まっている国カンボジアですが、カンボジアの人たちはとても生き生きとしていて、大人も子どももとても素敵な笑顔で私たちを迎えてくれます!
そのようなカンボジアの人々の姿はきっと、日本人が忘れてしまった姿なのではないかと思います。
私はカンボジアのそんなところが大好きです。

カンボジアに学校を一校建てたところで、カンボジアを豊かな国にすることは出来ません。
しかし、学生の私たちにでも出来ることはあるのではないかと思います。

やりたければ、人に頼まないで自分で募金すれば良いのでは?と、言われることもあります。
アルバイトをしたお金を、募金することは簡単ですが、それでは根本的な貧しさの解決にはならないと思うのです。

子供達が当たり前に学校に通い、知識教養を身につけることで、自分たちでお金を生み出す仕組みを考え創り出すことが出来ると思います。

このことから、子供達に教育を。
そのためには先ず校舎を。
そして、小さな私達の活動が、少しずつでも広がって行くことが、大きな意味を持つと信じています。

私たちは、支援する側としてカンボジアを訪れていますが、カンボジアに行くと与えてもらっていることの方が多いのではないかと感じています。

私たちにたくさんのことを教えてくれる、笑顔で生き生きと生きることの素晴らしさを教えてくれる、そんな子供たちの力になりたいと強く思います!!

そのためには皆様のお力が必要です。
ご協力宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。



学生団体ONELIFE企画局 古川未羽
新着情報一覧へ