【カンボジアの子ども達の力になりたくて】4代目 山本涼太

2281c438af92afadd0d2a46a1c7ead432f118a10


【カンボジアの子ども達の力になりたくて】


はじめまして。
この度は私達のクラウドファンディングのページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

私は東洋大学社会学部の2年生で、弊団体では渉外局に所属しています。

私達はカンボジアに2校目の学校を建設するために、日々活動しています。そして、建設費用の一部を皆様にもご支援頂ければと思い、このクラウドファンディングを始めました。

私が学生団体ONE LIFEに入ろうと思ったきっかけは、ボランティアがやりたかったからではありません。学生でも学校が建てられるという事に驚き、経験してみたいと思ったからです。
しかし、今年の2月にカンボジアに行き、そこで私の意識が大きく変わりました。それは学校を建てたい、という初期の意識から、カンボジアの子ども達のために学校を建てたいという気持ちに変わった事です。これは当たり前のことのようですが、とても大切なことだと思います。
なんでボランティアをするのか、という根本を理解していないと、それはボランティアではなくただのお節介になってしまうからです。



なぜ、私はカンボジアに行って子ども達のために、学校を建てたいと思うことができたのか。その理由は、私たちの支援を本気で欲してるいる子ども達がいたからです。
例えば勉強するのに筆記用具が必要です。しかしカンボジアの子ども達は鉛筆も十分に持っていません。そのため、私達からの一本の鉛筆のプレゼントを、満面の笑みで喜びました。私は鉛筆をもらって喜んだことがありません。なぜなら、当たり前のことだと思っていたからです。しかし、カンボジアの子ども達が、私を取り巻く当たり前の環境に感謝しないといけない、という事を教えられたと思いました。




その他にも、私の想像を大きく超える光景がカンボジアにはありました。雨風を防ぐことの出来ない校舎。ボロボロな机と椅子。校舎不足により、授業は朝と昼での交代制。決して日本では見ることが出来ない光景だと思います。しかし、そんな環境の中でも将来の夢を叶えようと努力する子ども達で溢れていました。私はそんな子ども達を見て、満足するまで勉強してほしいと思いました。子どもたちに勉強する場所を提供するという意味で、私たちの活動も意味あるものだと確信できました。

当たり前に感謝。これはとても大切なことだと思い、これを教えてくれたカンボジアの子ども達には感謝しています。そんな子ども達のために私たちはこれからも頑張り続けます。皆様にもご理解ご協力頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

学生団体ONE LIFE 渉外局 山本涼太

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています