2d6ea515b6f7cdd26632ad89f689d09983fb5a8a




こんにちは。学生団体ONELIFEに所属しております2年の青木里紗です。

前回のブログでは、ONELIFEのミッションであるカンボジア学校建設への自分なりの考え方を記しましたが、今回は、現地を訪問することの意義についてまとめてみます。
拙い文章ですがお付き合いいただけると幸いです。

ONELIFEの活動は毎週水曜日に集まって資金集めの為のイベントやスタディーツアーについて話し合ったり、カンボジアの知識をつける授業をしたりしています。
そしてメインとなる活動として、年に2回実際にカンボジアに訪問し、弊団体で建設した小学校で運動会を開催したり、2校目以降の学校建設を進めていったりしています。

友人にカンボジアに行くという話をすると、汚そう、治安が悪そう、といった大まかな想像をされることがほとんどです。

しかし、このスタディーツアーというかたちで、現地に足を運び、生で見て、肌で空気感を感じることは、ボランティアをする上でとても重要だと感じています。

カンボジアに一度足を運ぶとわかる、遮る建物もなく真っ直ぐに届く眩しい日差しや凸凹のみち、騒がしい屋台…。
日本と違うとわかっていても、その環境に飛び込み五感全てで感じなければ伝わらないものが多くあることを感じました。

言語も違う見知らぬ私たちを快く自分たちの環境に受け入れてくれる村の方々や子どもたち、先生方に心から感謝しています。
彼らに直接会わなければ今でもカンボジアを支援する意味がわからなかったと思います。

同じように、現地の子どもたちにとっても、私たちと出会ったことが外の世界を知る小さなきっかけになっていることを信じています。

カンボジアでは、生まれ育った小さな村から一歩も出ないで生涯を終える子どもたちは少なくありません。
そんな環境の子どもたちに、村の何億倍も広い世界があることを知って興味を抱いてもらいたいです。
そしてより高い教育環境で彼らの可能性を広げていってほしいです。

ONELIFEの理念である、
「世界中の人々に目を向け、他人のことを自分のことのように思う。みんなが夢や希望を抱き、笑顔が笑顔を作り出す活動をする。」
この気持ちを常に持ち、現地に赴きながら教育の場での支援を続けていきたいと思っています。

メンバーだけに留まらず、より多くの方々がこの理念にほんの少しの期待を込め、応援とともに、ご支援いただけると幸いです。

最後までお読みいただき有難う御座いました。

学生団体ONELIFE 4代目 広報局 青木里紗
新着情報一覧へ