みなさま、本プロジェクトへのご協力ありがとうございます。お蔭様で、ご支援額が第一目標の80%…にあと一息です。
ご支援の輪を大きく広げて目標を達成し、聴覚障害のある方を音楽との出会いを広げるよう頑張ります。
リターンチケットつきのメニューはお蔭様で完売しましたが(ありがとうございます!)、聴覚障害のある方には引き続き日本フィルでチケットを販売しています。
https://www.japanphil.or.jp/concert/23214

みなさまの周りにもきっといらっしゃる、聴覚に障害のある方やそのご関係の方々に、ぜひこの公演の情報を届けて頂きたいです。ご協力をよろしくお願いいたします。
 

公演も近づき、取材のご希望も増えてまいりました。
先日はBouncy様から動画ニュースも公開されました!

 

そんな中お会いした、とあるマスコミご関係者がおっしゃったこと。

「僕はこのコンサートを、ORCHESTRA JACKET や SOUND HUG の体験会のように思って取材していました。違うんですね」
確かに、テクノロジーは目的でなくてツール、なのでしょうか。
テクノロジーでできることにチャレンジし、「音楽を楽しむ」ことの障壁を少なくし、障害のあるなしに関わらずみんなでコンサートを楽しんでいただくことがこの音楽会の第1のゴールです。
そして障壁は、テクノロジーだけでなく人の思いによっても少なくなるのだと思います。スタッフも、演奏家も、ご支援いただいている方々も、それぞれの立場から「聴覚障害のある方の楽しみ方」について考え、力を尽くしています。 
みなさまも、どうぞこの実験を一緒に楽しんで頂き、情報を多くの方に伝えて頂き、そして音楽会当日まで見守ってください。成功へのお力添えを改めてお願い申し上げます。
どうしてもこの音楽会を成功させたい、成功させねば!と思っています。よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ