皆さま、これまでの支援のご協力を誠に感謝申し上げます。

本日は、私たちが支援しているグラフィス小学校、中学校があるベン村についてご紹介させて頂きます。

 

 

ベン村はシェムリアップから車で2時間ほどの場所にあります。

村の大きさは、226haとなり、おおよそ東京ディズニーランド4個分の大きさです。

人口は男性が523人、女性が577人の合計1100人です。

これらの情報は、2018年の春のスタディーツアーでベン村の村長であるウォットさんにインタビューさせていただき教えていただいた情報となります。

 

ベン村では現在、男性の人口が大幅に減少しています。

その理由の一つは、村で仕事や稼ぎがなくタイや他の村に出稼ぎしていることが挙げられます。そのため、両親や片親がいない子どもがいます。しかし、出稼ぎへ行くことによって生活が豊かになっているのです。これは、1日2食を安定に食べれることや子ども達が学校を退学する率が下がっていることに繋がっているとウォットさんはおっしゃっていました。

 

さらに現在、ベン村では乾季による水不足が問題に挙がっています。

現在、3つの村合同で浄水場計画がでているのですが、お金が足らず計画は停滞中だそうです。

 

ベン村について私が初めて訪れた時、とても空が高く感じました。

ベン村の村人の方々は私たちのことを温かい笑顔で迎えてくださいました。

インターネットや本などでは、中々ベン村について知ることはできません。

これからも、支援先の学校があるベン村について知るために私たちは支援先へ訪れ現地の問題や状況に耳を傾けていきたいと思います。

残り16日、引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。

 

 

 

新着情報一覧へ