「あの夏の絵」仙台公演では、広島市立基町高校の高校生が描いた「原爆の絵」のパネルを広島原爆資料館からお借りし、会場に展示します。

 広島市基町高校の芸術表現コースの生徒さんは1学年40名。そのうち希望者がこの取り組みに参加します。その年によって参加者の数は違うようですが、原爆資料館に寄贈された高校生が描いた「原爆の絵」はすでに63点になっています。すべてを展示するスペースがありませんが、高校生の真剣な取り組みについて知っていただく機会になると思いますので、ぜひたくさんの方に見に来ていただ期待と思っています。

 この企画の成功にぜひご期待ください。

新着情報一覧へ