経過のご報告④

ご支援いただいた皆様

ご注目いただいている皆様

 

 いつも応援ありがとうございます。

 いよいよ公演当日まであと5日となりました。

 「はがゆい思いをするとき。あきらめずに努力すれば必ず道は開けます」今年の、私の元旦のおみくじです。

 クラウドファンディングもあきらめなくちゃいけないかな?と思った時期もありましたが、実行委員の皆様の支えがあり、財政面での大きなご支援があり安心してこの時を迎えています。

 このプロジェクトの目的は「若い人に観てほしい」とのことですが、二回公演のうち若い人が観られるのは夜の部のみ。夜の部のチケット売り上げが気なったところですが、おかげさまで1/3が30歳以下となっています。

 このお芝居のテーマは継承。いろいろな「つなぎ・つながり」を意識してきた実行委員会にとって、いろいろなつながりが実現する様子を想像し、気持ちが高まっているところです。若い人に被爆者の思いをつなぎ、広島と仙台をつなぎ、舞台と客席をつなぎ、実行委員と市民をつなぐ。ここからまた新しい未来が拓かれることを期待しています。

 

 最後まで見守っていただきますようお願いいたします。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています