初めまして、「あの夏の絵」仙台公演実行委員会の武井です。

ヒロシマ・ナガサキの悲劇を繰り返したくないという願いを、被爆者から受け継ぎ、後世に伝えたい。

でも、どうやって?

体験したことのないことを私が語ったりするのは不遜なことなのではないか?

だけど、語らなければ「なかったこと」になってしまう。小説や映画、音楽、いろいろな表現があるけれど、私にできることは何だろう?

そう自問してきた数十年でした。

こうやってお芝居にする人もいれば、絵を描く若者もいる。

わたしにできることは、このような意味のある作品を一人でも多くの人に見てもらう事、志を共有できる人々とつながること。そんな思いで取り組んでいます。

一人でも多くの方にこの作品を知っていただければ幸いです。

 

新着情報一覧へ