宝塚のルンビニ学園幼稚園。
昨年はお伺いできませんでしたが、
今年は早々にお声をかけていただきました。
ハーブガーデン協会の設立当初からのご縁です。

こんな活動を続けています。

今日は子供たちのハーブ苗植え込みと、
お母さん方への食育講演会。

まずはセッティング。
ビフォー。

アフター。

もっと寄りましょか。

ビフォー。

アフター。

何気に「堺ちゃんのがんばった野菜」キュウリくんも登場。
もちろん朝採りです。

今日の講演会は試食付き。
見えるところで作られた食べものを実感してもらうため。

ナワテベーカリーの、ちゃんとカビのはえるパン。
畑から収穫したハーブをふんだんに使った手作りマヨネーズとパテ2種類。
パテはサーモンパテとエッグパテ。
材料は厳選。
さすがにサーモンは育てられないので缶詰ですが、
その他の材料は卵をはじめとして、
極力ややこしいもんが使われていないモノを使っています。
残念ながら完全に避けることはできません。

講演会ではそんな話をてんこ盛り。

大好評をいただきました。
家族のご飯を作るお母さんに知ってもらいたいから、
今日はほぼ怖い話やった。
だってお母さん方の目がマジやねんもん。

食べものの話だけではありません。
この季節ならではの防虫・殺虫剤。
虫除けスプレーやリキッドタイプの蚊取り。
小さなお子さんをお持ちの方には、
ぜひ知っておいてもらいたい話。
虫を寄せ付けない方、
つまり虫も寄り付かない環境で暮らすことを選ぶか、
夏やねんからある程度は我慢して暮らすことを選ぶか、
そこの選択はお母さんに丸投げです。

知ってると知らないとでは雲泥の差があります。
完全に避けられないけど、
知ってたら気を付けることができる。
少しずつ変わることができる。
消費者が少し変わればメーカーが変わる。
メーカーが変われば政府が変わる。
政府が変われば国が変わる。
ボトムアップです。

おっと、今日の主役の子供たち。
ノリノリでした。


植えながら香りを楽しんでました。

子供たちには虫の役割の話をしました。
そして今日植え込んだハーブのお世話を丸投げ。
自分たちが育てたハーブが食卓に登場した時、
きっと大切に食べてくれることと思います。

今日も感謝の一日となりました。
ありがとうございます。

この活動へのご支援をお願いします。

新着情報一覧へ