「夏越の大祓」

 

 

旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、

半年分のケガレを落とす行事で、

この後の半年の健康と厄除けを祈願。

 

私は、西諸地域 小林市にある霧島岑神社の
大祓に参加してきました^^

 

※大祓祭の様子の写真撮影に来られていた 写真家 田中風馬さんにぱちりっ!

 

 

由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の

禊祓(みそぎはらひ)にまで遡るそうですが、

新暦に移った現在でも、6月30日ごろ

日本各地の神社で行なわれている伝統行事

のようです。
 
 

「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)で厄落とし

 

 

全国の多くの神社で「茅輪(ちのわ)」神事が行われます。
茅(ちがや)を束ねて人が通れるほどの
大きな「茅の輪」が用意されていて、
それをくぐることで、罪穢れを祓い
無病息災を祈るんだそうです♡
 
 
出発準備もまだ終わってはいませんでしたが^^;
このタイミングでの大祓。
 
家で慌ただしく準備するよりもと思い・・・
気持ち切り替えて参加してきました。

 

 
到着した際には、雨があがったものの・・・
境内につくやいなや本降り。しかも雷まで^^;
 

 

人の形を模した紙の形代(かたしろ)に

自分の名前を書き、それで体を撫でて

人形に罪やケガレを移し、身代わりとして

神社に納めました。

その後、いよいよ「茅の輪くぐり」

 

 


茅の輪とは、チガヤという草で編んだ輪のこと。

神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を

「水無月の夏越の祓する人は、

千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と

唱えながら、8の字を書くように3度くぐり抜けます。

 

 

茅の輪をくぐることで、病気や災いを

免れることができるとされているとのことでした。

 

三度くぐりぬける頃には、
雨が降る中、お日さまがのぞき、、、

 

なんと!一瞬、雨もあがって、びっくり!!!!!!!!

 
その瞬間に田中風馬さんにパチリっ!

 

しかも、その前に宮司さんが、
「なんを手にもっちょっとね?」と声掛けられて
実は、、、とパリ行の話をしたところ
すぐにお祓いまでしていただけました♡
 
なんとありがたい!!

その後に、お日さまが、のぞいて♡ますますびっくり^^

 
 

 

もうこれでスッキリと厄落としできたので
パリでは、新生「心書家のんちゃん」として
チーム予祝の代表として、揮毫してきます♡
 
その後、また土砂降り^^;
でしたが、、、庸山窯さんでちょっと気分転換に^^

 

本当に久しぶりに伺いました。
一昨日いただきました「黄色のベレー帽」の
作家さんもされている庸山さんへ御礼を伝えたく。
 
 
約2年前に伺った時に出逢った「黄色のベレー帽」
 

約2年前に「黄色のベレー帽」に出逢った瞬間の写真

 

まさかまさか、、、2年後に私の手元に届いてくれるとは♡
 
 

 

しかも、こんなにすてきに^^;
写真撮っていただけました。
知らないうちに^^;
 

パリに持っていく可愛いお皿も
ちょっと手に入れることもできて♡
 

庸山窯さんのFacebookページはこちら

↓↓↓
 https://www.facebook.com/pages/%E5%BA%B8%E5%B1%B1%E7%AA%AF/317713591698597
 

 

不思議なことに行く先々、車から降りると雨がやんで♡

少しずつですが、、、
かめさんよりも もっとゆっくりスローペースですが
準備は進んでおります♡
 
 
明日は、いよいよパフォーマンス用の準備をして
月曜日に出発できるように今から準備始めます♡
 
みなさまからの応援メッセージに本当に
力をいただいてます♡
 
もう少し♡もう少し♡
また、あらたなアイデアが♡
 
うふふふふ♡♡♡
全部準備できるかなぁ~♡
 
明日も幸せあふれる一日をお過ごしくださいませ♡
いよいよ7月。すてきなスタートの一日になりますように♡

 

新着情報一覧へ