プロジェクト概要

地元の農家に器具を提供することで、農家の悩みを解決したい!

 

はじめまして、農業初心者の武藤俊一郎と申します!親が農業をしているのがきっかけで農業を始め、12か月が立ちました。また、農家の傍ら、近所の農家の方々に悩みを聞き、「もっと安いトラクターや、みんなで使える農薬や肥料があったり、まわりの畑の方の作物や肥料、土を一緒に運べたらもっと生産効率があがり、費用が削減できる」といった声を聞いてきました。そこで、今年の冬までに神奈川県大和市の農家に農作業用器具などを提供することで、地元で有名な梨農園の方やトマト農家の方の悩みを解決したいと思っています。

 

しかし、トラクター、ビニールハウス、土、堆肥、それらを運んだり動かすガソリン代合わせて300万が不足しています。今回はその一部の50万を皆さんのお力をお借りしたく思っています。よろしくお願いします!

 

 

農家を継いだことがはじまりでした

 

きっかけはもともと農家の家柄のため、稼業を継いだことがはじまりです。そこで分かったことは、どの農家でも共通する苦労はやはり気候に左右されるということです。暑すぎても寒すぎても、雨が降ら無すぎても降りすぎても困る。とにかく困ることだらけでした。

 

しかし、そんな生産者の苦労を消費者は知らず、ただ気楽に土をいじくりまわしていると思われています。そして、気候によっていい作物ができたり、当然不作だったりします。しかし卸値はおどろく程安く、正直赤字です。

 

 

ビニールハウスに小さな穴があいただけで全てを交換しなければならない

 

例えば、雪や台風、地震によってビニールハウスや作物を保管している倉庫が壊れたとしても誰も保障はしてくれません。その壊れたところに保管していた作物は虫や鳥に食われ、とても出荷できる状態ではなくなってしまいます。

 

ビニールハウス一つにしても小さな穴があいただけで全てを交換しなければならず、中の温度を保つためにビニールハウスの中には1日中ストーブをつけます。これらの燃料費、壊れた建物は器具などの費用がまかなえず、今年は不作という農家の方が大勢います。そういった方々にビニールハウスや倉庫を建て直すことで、より作物が作れるようになります。

 

 

トラクターを1台増やすだけで単純に生産量が倍になります!

 

今現在、5~7農家で1台のトラクターを使用しています。このトラクターを1台増やすだけで単純に生産量が倍になり、農家の方の負担が減り、作物の価格がさがります。

 

ほんのひとつでも農機具が増えるだけでまわりの農家の方々皆様が喜びます!少しでもいい作物を安い値段で消費者のもとへと届け、新鮮でおいしい作物を食べていただきたいのです。どうか皆様のお力をお貸しください!

 

 

引換券について

 

・サンクスレター

 

・低コストでできた作物(2000円・5000円相当)

※時期ものになってしまうため、どんな作物かは具体的にはお答え出来ませんが、分かり次第すぐに支援者の方にはご連絡いたします。なるべく、珍しい作物も加え、その際はその作物のレシピも同封させていただきます。

 

・農家の方からのお手紙


最新の新着情報