READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

『人と町を繋ぐ本屋さん』をつくり、青島に活気を取り戻したい!

浜田 一磨

浜田 一磨

『人と町を繋ぐ本屋さん』をつくり、青島に活気を取り戻したい!

支援総額

406,000

目標金額 350,000円

支援者
48人
募集終了日
2014年9月29日
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2014年09月29日 12:21

最終日!60日間のファンディングを振り返って

記事をかいたのに、予期せぬなんちゃらで記事が全部消えたし(泣

 

と一時的に落ち込みましたが、やっぱりまた書く事にします。

 

皆様この度はご支援と、いいね!をありがとうございました。

60日間という期間でしたが、高校のとき以来の友人からの支援やまだお会いしたことのないたくさんの方からの支援、新聞に掲載して頂いたり、突然、生前うちのオヤジと親しくしていた方があらわれて僕にお金を握らせてくれたり、浜田さん僕に協力させてくださいというちょっと変わったイケメンがあらわれてものすごく協力してくれたり(現在も)しました。

あっという間でしたがすばらしく充実していてそれでいて予想外のことの連続でした。このような機会を頂けたことに心からお礼申し上げます。

 

店舗のほうは契約金の一部をお支払いし現在進行中ですのでまたこのレディーフォーでアップしていきます。

 

写真は今日の青島です。

こっち側じゃなくて青島の左側でサーファーさんたくさん海はいってます。

僕が高校位の時はサーファー少なかったんですよ。でも、町がもつ吸引力というか自然とそうなるというか、時間が自然を証明するのでしょうね。

 

青島は自然がすべてです。何もなくてもそれだけですばらしいから、飾るのではなく添える感じで、どうすればこの自然を活かせるかを考えればよりたくさんの方に必要なところになると思います。僕も微力ではありますが自分にできるとを日々やっていきます。

 

フェイスブックでのお友達申請は歓迎ですのでお気軽にリクエストしてください。

 

それでは、長くなりましたが最終日ですので一度総括ということで、皆様ほんとうにご支援とすばらしい機会を与えてくださったことに心よりお礼申し上げます。

これからがたいへんではありますが遊び心をわすれずに皆様と共に場をつくれるようなお店にしたいです。応援よろしくお願いします。

 

浜田 一磨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

A:お礼を書いたポストカード
B:青島を写した写真3枚
C:本の栞

支援者
11人
在庫数
制限なし

5,000

alt

A:お礼を書いたポストカード
B:青島を写した写真3枚
C:本の栞
D:完成した本屋さんの会員権
(会員はドリンク全品10%割引・本の購入時10%割引・本の貸出無料)

支援者
18人
在庫数
完売

7,000

alt

E´:READYFORのお礼用につくったTシャツ
   ※刺繍なし

支援者
5人
在庫数
14

10,000

alt

A、B、C、Dに加えて
E:READYFORのお礼用につくったTシャツ
後ろ面にあなたが好きな言葉(15字以内)
を刺繍します!

支援者
19人
在庫数
129

30,000

alt

A、B、C、Dに加えて
F:READYFORのお礼用につくったパーカー
後ろ面にあなたが好きな言葉(15字以内)
を刺繍します!

支援者
0人
在庫数
20

50,000

alt

A、B、C、Dに加えて
G:刺繍のMARUKAデザインの作品

支援者
0人
在庫数
5

150,000

alt

A、B、C、Dに加えて
H:SATOSHI OHNOの絵 1点

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする