ご支援への感謝とネクストゴールについて

こんにちは。仙台青年会議所「七夕花火祭特別委員会」の菅原啓太です。

 

2019年度のクラウドファンディングはわずか4日で目標金額の1,000,000円を突破しました。まずはご支援していただいた皆様に厚く御礼申し上げます。本当にご支援ありがとうございます。

 

 

またご支援だけでなく、応援のメッセージやSNS上でシェアなどのご支援をいただいた皆様、そして、今回の企画に賛同、協力していただいている仙台市内に拠点を置くプロスポーツチームの皆様にも、重ねてお礼を申し上げます。

 

皆様からいただいた応援コメントの一部を紹介いたします。

 

“七夕花火祭は、毎年近所で観させていただいてます。これからも継続されるよう願っております。”

 

“仙台JCの皆さんが花火を打ち上げていることをもっとみんなに知ってもらえるといいです。素晴らしい50回記念花火になりますように!”

 

“こんばんは!毎年恒例の仙台花火大会は仙台市民は勿論、他エリアからおいで下さる全国の方への年に一度のプレゼントでもあります。このイベントが無くなったら夏の風物詩が無くなり、七夕への勢いにブレーキがかかってしまいますので、仙台花火大会は絶対に欠かせないイベントであります。今後、100年、200年と続けて行けるようにぜひ頑張って下さい!成功を祈ります!”

 

こうしたコメントの1つ1つからも、どれだけこの仙台七夕花火大会が地域の皆様から愛されているのかを、改めて感じることができています。本当にありがとうございます。


今回の第50回七夕花火祭にも、会場設営費や交通規制、安全に花火を観覧していただくためのお知らせのための広告費用などで約8000万円の費用が必要となります。

 

よって、今回設定するネクスト・ゴールの+170万円分については、引き続き、安全な運営をしていくための費用として充てさせていただきたいと思います。

 

また、本クラウドファンディング限定での販売となる灰被り席に関しましては、好評につき残りわずかとなっております。お早めにお買い求めください。

https://readyfor.jp/projects/2019sendaihanabi


記念すべき50回目の、そして令和初開催となります今年の仙台七夕花火祭、
テーマは「つなぐ~夢と希望溢れるの創造に向けて~」です。開催が危ぶまれた東日本大震災の年も、被災地の仙台から復興の狼煙として花火を打ち上げてきました。今後も、地域を愛する皆様とともに仙台七夕花火祭を継続していきたいと思っております。

 

引き続きにはなりますが、残り1ヶ月間温かいご支援をよろしくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています