READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

医療を伝えるアート

宇津野彩

宇津野彩

医療を伝えるアート

支援総額

131,000

目標金額 100,000円

支援者
34人
募集終了日
2011年5月16日
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2011年04月05日 22:02

人の一生班①

はじめまして、人の一生班所属、風間麻優子(まぁこ)です。
火曜日はこちらの班が担当させていただきます。

まず、人の一生班のメンバーは
女子美術大学 斎藤 夏来(なっちゃん)
東京慈恵会医科大学 竹内 博一(りっきー)
順天堂大学医学部 小林優子(ゆうこりん)
順天堂大学医学部 風間 麻優子(まぁこ)
の4人となっています。

チーム発足のそもそものきっかけは『家が近いと集まりやすいから』という身も蓋もない理由でしたが、今では『人間が生まれてから老いるまでにたどる”サイクル”を正常発生に沿って表現すること』でそれぞれの表現したいものを集約しようとなんとなくまとまりが出てきました。
作品の進行状況はきっとなっちゃんからの報告を見ていただいたほうがいいかと思うので、私がこのテーマにかける思い(?)なんかをつらつらと書いていこうかと思います。

生物としての『ヒト』は、他の生物と違わず子孫を残すことが第一の目的です。
でも人間としての『人』は文化的な生活を営み、様々な思想や目標を持って日々を過ごしていると思うんです。
これらの、子孫を残すことによって形作られる世代を超えた『ヒト』の”サイクル”と、一人の『人』の一生が作る”サイクル”を医学的背景を元に表現できたらなぁと思ってます。
また、胎児のヒトを忠実に再現し、人間とは思えないような『モノ』から『人』と変化していく過程をあらわすことで『誰しもがその”サイクル”に当てはまること』も感じ取ってもらえたらなぁ、と個人的には考えてます。

なんだか改めて、自分の考えていることを書いてみると、自分ってこんなこと考えてたんだ!と新たに発見することばかり・・・
しかも班mtgでこんなこと言ったかしら?と考えがコロコロ変わっていることに気づかされたり。
これからも頻繁に班でmtgしていく必要がありそうです!!

以上、人の一生班のまぁこがお送りしました。
 

一覧に戻る

リターン

1,000

alt

「医×美」展示会のチケットを1名様分お届けします。

支援者
11人
在庫数
制限なし

2,000

alt

「医×美」展示会チケット(2名様分)お届けします。

支援者
8人
在庫数
制限なし

3,000

alt

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。

支援者
13人
在庫数
制限なし

5,000

alt

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。さらに医学生が監修した手作り解剖ペーパークラフトを送ります。

支援者
13人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする