プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆さまの熱いご支援、本当にありがとうございます。
白山cycloLaboの設備工具を充実させるため100万円を目指します。
引き続き応援いただけますようよろしくお願いします!

 

皆さまの熱い熱い思いを受け取り、目標金額の50万円を無事に達成することができました。おかげ様で白山cycloLaboハウスの設置目処がたちました。ハウスの設置は5月中旬の予定です。


このプロジェクトを始める際、担当者の方と最低限の目標でスタートしようと打ち合わせました。


最低限というのは工房のベースとなる「ユニットハウス」を建てるということですが
皆さんご存知のように、スポーツサイクルの工房として機能するためには、それに応じた工具が必要です。工房内で使用する工具ですが、一般工具は一通り揃えていますが自転車専用工具、金属加工工具はまだ充実していません。

 

スポーツサイクルの工房と言えるために最低限の設備をそろえたいと思います。

あともう少し、皆さまの力を貸してください!どうぞよろしくお願いいたします。

 

白山cycloLabo 越村浩史

 

 

ー  もくじ  ー

❏ 1 スポーツサイクル整備のノウハウを広め、自転車を安全に楽しんでもらいたい。

❏ 2 一歩間違えたら死の恐れも。。危険な状態で自転車乗っている方が非常に多い。

❏ 3 オープン予定は6月1日!スポーツサイクル整備のノウハウを提供する工房を作りたい。

❏ 4 人の和を大切に、つながりを広げて行きたい。白山cycloLaboはもっともっと発展していきます。

 

スポーツサイクル整備のノウハウを広め、自転車を安全に楽しんでもらいたい。

 

はじめまして!白山cycloLabo(はくさんシクロラボ)の越村浩史です。自分は自転車が大好きで、スポーツサイクル(自転車)との付き合いはもう35年になります。自転車業界で販売整備修理のノウハウを学び自転車安全整備士の資格を取得しました。また、サイクリングリーダー講習を修了し、「自転車の良さを知ってもらうため」に様々なワークショップを開催してきました。

 

今回「誰もが自由に使える、自転車のメンテナンススペースを提供する。」ために、スポーツサイクルのメンテナンス作業をする工房『白山cycloLaboハウス』を建てます。工房は自由な発想を形にする場にしたい。そのための費用の一部を集めます。

 

『白山cycloLaboハウス』の建築費用のご支援を、お願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
スポーツサイクルは誰もが手軽に始められるスポーツです。

 

 

自転車屋で働いていると、こんな声を聞きます。


☑自転車を触ってみたいけど、どうしたらいいのか分からない。

☑自転車を整備するためのスペースがない。

☑専門の工具がないからできない。

☑清掃作業をしたいのに家族ににらまれ肩身が狭い。

 

皆さんの困りごとを知り何か自分にできることはないかと考え、自転車店でも相談会などを開いてきました。しかし、店の整備スペースは広く無く、ボランティアだけでは限界がありました。それなら新たに場所を作り、分からないことは自分がアドバイスしながら一緒にできれば、多くの人に喜んでもらえると思いました!

 

 

一歩間違えたら死の恐れも。。危険な状態で自転車乗っている方が非常に多い。

 

「通販で自転車を購入して自分で組んだけど何か不安で」、と持ってこられたお客様のブレーキがキチンと固定されていなかったり、ハンドルがゆるんでいたりといったこともありました。自転車部品には『指定トルク』という安全に乗るためのボルトの締め付け力があります。この指定トルクを守らないと走行中に突然ブレーキが効かなくなったり、急にハンドルが下がって転倒してしまいます。また指定トルク以上の力で締め付けてしまうと部品を破損してしまいます。指定トルクはトルクレンチという専用工具がなければ感覚だけでは絶対できません。

 

スポーツサイクルメンテナンスには測定工具も必要です。

 

また、自転車メンテナンスは汚れるため、清掃スペースも必要です。走行で付いたタイヤやフレームの泥汚れ、チェーンの油汚れなど、これを室内で清掃すると床が汚れて後片付けも相当大変です。屋外清掃は天気の悪い日はできません。自転車をさわって自分で作業をしたいのに自由に使える場所がなかったり、工具が無かったりで断念している人がいる。知識が足りず安全点検が不十分で危険な状態の自転車に乗っている人がいること、それによって事故が起こっていることは、自転車好きとしては悔しくてなりません。

 

メンテナンススタンドがあれば作業が楽しくできます。

 

 

オープン予定は6月1日!スポーツサイクル整備のノウハウを提供する工房を作りたい。

 

今回のプロジェクトでは、6月1日に自転車のメンテナンス作業をする工房『白山cycloLaboハウス』を建てます!工房として使える3坪のユニットハウスです。工房は予約制時間貸しで、工房内の工具は自由に使っていただけます!分からないことはどんどん聞いてください。一般的工具はある程度揃っており、専用工具も徐々に充実させています。

 

『白山cycloLabo』の特徴

・会員制時間貸しメンテナンススペース

・自転車用、一般・専用工具貸出サービス

・自転車に関するカスタマイズ・メンテナンス相談

・スポーツサイクルイベントの相談

・工房イベント(ワークショップ)開催

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
工房として使えるユニットハウスのイメージ

 

また、これまで開いてきたスポーツサイクルに関するワークショップをこれからも開いていきます。

 

『これまで開いてきたワークショップ一覧』

・チェーンクリーニング講習会

・自転車クリーニング講習会

・手組みホイール講習会(難易度高い)

・バーテープ巻き方講習会

・基本工具のそろえ方、使い方

・ツーリング計画の立て方(コース検討、持ち物)

・自転車スタンディング講習会(乗車スキル)

 

 

人の和を大切に、つながりを広げて行きたい。白山cycloLaboはもっともっと発展していきます。

 

白山cycloLaboは自転車を通じてのコミュニティの場としても発展していきたいです。自転車整備の知識を教え合うだけでなく、自転車の楽しさを分かち合う場「こんな楽しい道があった」とか「ここのお店のケーキが美味しかった」とか「今度○○へ行きたいけどおもしろい所知らない?」といった会話が楽しめる場を目指しています。

 

人の和を大切に、つながりを広げて行きたい。自転車をメンテナンスしたら走る楽しさをみんなで味わいたい。ツーリングイベントも近郊から遠征と開催したい。そして自分達の感動を次にやってくる人たちに伝え体験してもらいたい。一人ではできない作業も、仲間が集まって知識技術を教えあいできるようにしていきたい。

 

そんな素敵な環境を作るために、皆様のご支援をお願いいたします。

 

春はスポーツサイクルで花見ライドを楽しみましょう。

 

 

【資金使途】

❏作業用ユニットハウス購入設置費    

❏搬入、設置費用


最新の新着情報