一般的な子供の睡眠障害の原因のひとつに、体内リズムを乱してしまう生活習慣が挙げられます。

日中テレビやゲームやなどに熱中してしまう、ほとんど体は動かさないといった生活だと、脳が覚醒してなかなか眠れない。また、質の良い睡眠をえられないなどの睡眠問題がおこります。

そして、睡眠不足が重症化すると過眠症に移行し、生活リズムに影響をきたします。

安眠のためのヨガでは、はじめに体に適度な緊張を加えて、余分な緊張を取りさります。日中に体を適度に動かすことで、生体リズムをととのえるセロトニンの分泌が促進され、また一度体の緊張を解くことで呼吸が深まり、自律神経のバランスもととのえられます。

睡眠障害でおこる、脳の疲労もヨガの呼吸とポーズによって休息し、ヨガで体内リズムをととのえ、質の良い睡眠をえましょう。

 

新着情報一覧へ