「睡眠出張講座」ご報告⑤「双葉保育園」園長先生、保育士さま

クラウドファンディングにご支援・応援くださったみなさま 第五回目の睡眠出張講座が終了しましたので、ご報告いたします。5月からスタートした出張講座も最終回となりました。

 

訪問先|北広島町志路原「双葉保育園」

日 時|2016年12月3日

 

今回は、広島県山県郡北広島町にある双葉保育園さまにて、園長先生、保育士さまに向けて、お話しをさせていただきました。

 

 

保育園のそばの川には、国の天然記念物オオサンショウウオ(通称サンちゃん)がたくさん棲息しています。空気もよく、自然豊かな里山に囲まれた環境の中に、双葉保育園はありました。

 

 

今回は園長先生からのリクエストで、「毎日を少しでも心穏やかに過ごすためのストレスケアと睡眠法」について。現代社会を生きていくうえで、よい睡眠をとるためには「日々のストレスケア」が必須と園長先生はお考えです。

 

保育士のみなさんは、毎日忙しく日々の業務に追われながら、家事をこなし、自分ことは後回し。ゆっくりする時間を持つこともできない現状に、知らず知らずのうちにストレスを感じていたことに気づかれました。

 

 

「1日24時間じゃ足りない!?」

 

園長先生のリクエストもあり、今回はストレスケアアイテムとしてフラワーエッセンスを持参しました。 保育士のみなさんは全員がフラワーエッセンスを初めてでしたが、自分のストレスに対するエッセンスを選ぶ時の表情は真剣そのもの。

最初は「なぁにそれ?」

 

 

「ストレスを言葉にするだけで気分が楽になる!」

 

ご自身の睡眠テーマについては、

・毎日疲れて「バタンキュー」(これは一種の気絶状態!)

・目覚めが悪い、仕事に向かう足が重い(疲労が解消し切れていない?)

・業務に追われて焦る、イライラする(脳メモリーが不足ぎみ?)

などなど。

 

日々の生産性を保ち、穏やかに1日を過ごすためには、睡眠そして「日々のストレスケア」が大事とわかっていたけど、ストレスが大きくなれば対処も大変だから「事前のアプローチが大事よね」と。これは今トレンドの「健康経営」における「プレゼンティーイズムコスト」(出社しても気分が乗らずに生産性が低いまま)の削減にもつながります。みなさん、30分でその本質に気づいていらっしゃいました。

 

 

また、園児のみなさんが眠れない理由も

・興奮&テンションが高くて眠れない

・いろんなことに興味があって眠ろうとしない

・眠りたいのに眠れなくてツラくて泣いてる

など大人同様、子どもたちの眠れない(眠らない)理由はみんなちがうと確認できました。

 

保育士のみなさん、今日はおゆうぎ会があったとのこと、お疲れのところありがとうございました。自分を見つめる「ささやかな時間」が取れたことでちょっぴり気分が変わって「よし!次がんばるぞ」と切り替えができたようです。

 

 

 

そんなみんなのやりとりを「サスケ(園のアイドル)」が寝たフリをしながらそっと聞いていました。

「みんな、今日は早う寝んちゃいね...」

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています